折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

専決処分

5月18日の臨時議会では、震災に絡み、市が3月の年度末までに支出した(と見込まれる)平成22年度分の補正予算と、2月議会で成立した23年度予算の補正議案(一般会計、下水道特別会計、墓地公園事業特別会計)が提出されました。

「議案」と言っても、この臨時議会に出された案は「専決処分」に対する承認を求めるもの。「専決処分」とは、 本来は議会の議決が必要な案件でも、緊急の場合などに首長が議会に諮らず自ら決めることができる制度です。これを行った場合、次の議会で議員の承認を求めなければなりませんが、すでにその議案は成立しており、議会では市長の決定を承認するかしないかの審議になります。

専決処分した補正予算の総額は、約64億1000万円。22年度の一般会計予算が15億6000万円、下水道特別会計が4億6000万円の計20億円。23年度では、一般会計予算が33億円、下水道特別会計が10億8000万円、墓地公園特別会計450万円の計44億1000万円。

「大震災」という緊急時に、市民生活を守るために新たな予算が必要だったことは理解できますので、その使い道や金額の決め方について質疑をしたうえで、専決を承認しました。いずれ、この緊急予算が決算案となって、再度議会にあがって来ます。その時に、こうした緊急時の予算のあり方を精査したいと考えています。

総額は、約64億1000万円。この金額は「仮復旧」に使われた予算がほとんどで、本格的な復興に向けた予算組はこれから。6月議会で、再度補正が組まれることになると思います。復興に予算がかかるのは仕方がありませんが、財源は限られており、起債も相当額になると見込まれます。こういう時だからこそ、意味あるお金の使い方をしていかなければなりません。

復興の理念や復興計画に市民の声をどう盛り込んでいくかなど市の意識と、復興計画の概要などを中心に、意見をぶつけたいと思います。

臨時議会開催・議会構成決まる

5月18日、改選後初の議会となる臨時議会が開催され、常任委員会・会派などの議員構成が決まりました。

正副議長、常任委員会は、議員の投票で決められます。と、言っても、会派同士で事前に話し合われているため、無会派ですと、希望が叶えられない場合が多いのですが、今回私は、希望通り復興に深く関わる「都市経済常任委員会」の所属になることができました。

都市経済常任委員会は、市民経済部、都市環境部、都市整備部の所管に関する事業などを審議します。市は、震災後の街づくりをどう考えているのか、委員としてしっかりチェックして行きたいと思います。


正副議長及び委員会構成

◆議長 辻田明
◆副議長 西山幸男

◆総務常任委員会
 委員長 宝新
 副委員長 宮坂奈緒
 委員 秋葉要、元木美奈子、西山幸男、岡本善徳、岡野純子

◆教育民生常任委員会
 委員長 醍醐誠一
 副委員長 中村理香子
 委員 辻田明、広瀬明子、長谷川清司、水野実、柳毅一郎

◆都市経済常任委員会
 委員長 深作勇
 副委員長 西川嘉純
 委員 折本ひとみ、末益隆志、美勢麻里、田村耕作、芦田由江

◆議会運営委員会
 委員長 秋葉要
 副委員長 末益隆志
 委員 深作勇、元木美奈子、醍醐誠一、折本ひとみ、西川嘉純、芦田由江、柳毅一郎

◆千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員
 辻田明




ご期待の重さを力に

今朝から、また駅に立っています。

今日からの駅立ちは、ご支援いただいた皆さまに、感謝の気持ちを伝えるためのもの。
たくさんの方にお声掛けいただき、1週間の選挙の疲れも吹き飛びました。

昨日、応援隊のみなさんに囲まれて開票を待つ間、半年前のことが思い出され、時々、膝が震えるほどの不安が込み上げました。この1週間、たくさんの市民の方にかけていただいた温かなお言葉やメール、ブログのコメントを思い出しながら、祈るような思いで結果を待っておりました。

8003票。

このご期待の重さを、私は今、全身全霊で受け止めています。

「憧れの街」から、安心して住み続けられる街へ。
浦安は、大きな転換期を迎えました。

市民の生命、財産を守る。
これこそが、行政の責務の基本です。
このあたりまえのことを、しっかりと果たしていかなければなりません。

元の浦安に戻すことではなく、災害に強い街に生まれ変わることが真の復興であり、それを成し遂げるには、大きな予算と長い年月が必要になります。
その道のりを、市民のみなさまからいただいたご期待の重さを力にして、しっかりと見据えてまいります。

本当は、このブログでも、市議会に送っていただけたことへの感謝の気持ちを書きたいのですが、前から掲載している通り、公選法では自筆を除き、あいさつ目的の文書図画の頒布や掲示を禁じています。ホームページやブログもこの「文書図画」に含まれているのでそれができません。失礼をお許しください。

明日もまた駅で、一人でも多くの方にお会いして、感謝の気持ちを伝えたいと思います。



朝の駅に立っています。

 市政に挑む決意と、浦安の復興の歩みを提言した「さぁ、いっしょに!新聞」Vol.39を持って、駅に立っています。

 約半年ぶりの駅立ち。
 最初の一歩には勇気が必要でしたが、「おはようございます!」と声を出すたび、力が満ちてくるようでした。半年前と変わらず、新聞を受け取ってくださる方、お声をかけてくださる方、目で合図をしてくださる方…たくさんの方々に元気をいただいています。

さて、今日も張り切って駅に行ってきます!

 

 

決意



 昨年10月の市長選から、半年がたとうとしています。

 2万3千386人もの方にご支持をいただきながらも、ご期待に応えることができなかったことは、私の力不足以外の何ものでもありません。
 本来ならば、感謝と同時にお詫びの言葉を述べなければならないところですが、公職選挙法により、そうした目的での文書配布は、禁止されており、もどかしい限りです。

 選挙直後は、政治の道を歩んで行く自信を失くし、駅に立つこともできませんでした。
 選挙の重い結果。末期がんの父の看病、そして看取り。初孫の誕生。更に、この度の被災。この半年の間に、私の人生の中で、重大なことが一時に押し寄せたような気がします。
 そんな中、たくさんの方からいただいた、温かなメッセージが、私にとってとても大きな支えでした。ホームページのコメントやメール、お手紙、お電話、街でかけてくださった言葉…。
 何度読み返し、思い出したことでしょう。その言葉ひとつひとつが、私に再度立ち上がり、歩み出す勇気を与えてくれました。
 また、娘のもとに誕生した新しい命は、次世代に渡して行く社会のことを、もう一度見つめ直す契機となりました。
 更に、浦安市の新年度予算が過去最大規模となり、財源不足に陥る。このことを知った時私は、自分が市政に対して何をすべきなのか、その答えを見いだしました。

 私は、今回の浦安市議会選挙に立候補いたします。

 私のこの決意に対し、ご批判やご意見もあると思います。
 しかし、「責任を果たさなければいけない」と父が最期に遺した言葉を胸に、一歩ずつ前進して行きたいと思います。


折本 ひとみ