折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

市街地液状化対策・格子状地中壁工法の行方

IMG_2090平成28年度6月議会が始まりました。

今議会には、舞浜3丁目の市街地液状化対策工事契約議案が上程されています。

工事対象宅地数は、76宅地。

工事費は、15億7千万余。

工期は、契約締結日の翌日から平成29年3月25日まで。

つまり、この議案が議会を通った後、即座に契約締結して、国の交付金対象年度の今年度いっぱいには工事を終わらせるということです。

急いで7月に工事に着工できたとして、浦安市市街地液状化対策事業計画にある、「9か月程度の工事期間」ギリギリです。

市の説明によると、当初の計画の、「舞浜3丁目全戸対象での100%の同意」は無理と判断し、「100%の同意に達している街区で再度同意を取って」という手続き(市の指針による)を踏んでいたため、この時期の上程になったようです。

 

昨年12月議会では、弁天2丁目の45宅地の工事契約議案が通り、この格子状地中壁工法で初の工事が始まることになっていました。

ところが、今、この工事街区の中の複数の方が、同意を撤回したいという意思表示をされたことから、まだ工事の着工に至っていません。

同意の撤回理由には、この工法での事業推進に先頭を切っていた、今川3丁目13番地の事業断念が大きく影響しているようです。

そして、「当初弁天2丁目98宅地で進めていた事業が、45宅地での工事に変更になった際に、再同意をとるべき」、「当然のことながら、一戸の工事金額が変わってくる」、「そのプロセスを踏まず、98戸の場合の金額での同意はできない」、「弁天地域全体の内、45宅地だけの工事で市の液状化対策としての効果があるのか」、等々。また、その他にも深刻な理由が様々あるようです。

 

浦安市が市街地液状化対策の工法に選んだのは、既存の建物が建っている宅地では世界初の格子状地中壁工法。

そして、計画区域内100%の同意があって初めて計画を進めることができるという、大変難しい事業です。

議会の場でも、格子状地中壁を形成する高圧噴射拡販工法が宅地建物に及ぼす影響・リスクにはどう対応するのか、同意の取り方で地域のコミュニティに悪影響を及ぼさないか等、市がこの工法を選んだ当初から、様々心配の意見が上がっていました。

 

ここにきて弁天2丁目で持ち上がった、同意撤回問題。

市街地液状化対策・格子状地中壁工法の難しさを再認識し、今回また一般質問します。

 

 

 

 

 

異議申し立ての補佐人

IMG_1610

昨年の9月議会、12月議会、今年3月議会、そして6月議会と連続して、「社会福祉法人パーソナルアシスタンスとも」に市が支払った指定管理料の正当性を追及している広瀬明子議員。

その広瀬議員から、「公文書不開示決定」に対して異議申し立てをする際の補佐人要請があり、本日意見を述べてきました。

この、「開示できない文書」は、浦安市が「社会福祉法人パーソナルアシスタンスとも」に求めた返還金6,759,025円の明細です。

何年度分だったのかすら議会で答弁できない理由は何なのか。

議会でだめなら情報公開しかない、と公文書公開を求めた結果、不開示決定が通知されました。

 

私たち市議会議員は、選挙により市民の負託を受け、議員活動を行っています。

市民の利益を守るために、市当局に対して、市民の血税からなる公金の使い方を厳しくチェックし、行政の在り方に疑義を正す、これが、私たち市議会議員に与えられた役割です。

 

そして今回この、公金の使われ方が誤っていたために、浦安市は、パーソナルアシスタンスともに対して、返還請求をしました。

この、総額700万円近い市の返還請求額に対して、内容を詳しくチェックするのは、議会そして議員の役割です。

 それに対して、市は、「法人の正当な利益を害するおそれがある」ことを理由に、不開示を決定しました。

 市民の利益と法人の利益、市はこの法人の利益を優先するということです。

 

そもそも、この「社会福祉法人パーソナルアシスタンスとも」という法人は、議員の活動に対して、それを阻止・疎外しようとしてきた経緯があります。

 今回、異議を申し立てている、広瀬明子議員に対しては、その議員活動における発言に対して、名誉棄損で最高裁にまで訴え、最高裁は、この「社会福祉法人パーソナルアシスタンスとも」の上告を棄却しました。

この最高裁の決定によって、「社会福祉法人パーソナルアシスタンスとも」の敗訴が決定し、広瀬あきこ氏が議員として不正を追及してきたことが、名誉棄損にはあたらないことが、証明されました。

この「パーソナルアシスタンスとも」には、税金から巨額の委託料・補助金がつぎ込まれているわけですから、不正が行われていないかをチェックするのが、議員の役割・仕事です。そして、その疑義を正すために議場で発言し、ブログに記載して市民の方にお知らせするのです。

ですが、そうした議員活動に対して、「社会福祉法人パーソナルアシスタンスとも」は、議員を訴えるという手段に出るのです。そして、驚いたことに、浦安市当局は、「社会福祉法人パーソナルアシスタンスとも」側の証人として障がい事業課長を立て、この法人を擁護。これでは、公平・公正な市政運営とは決して言えません。

 

このような脅しともとれる行為で議員活動を阻止しようとすること自体が、この社会福祉法人の在り方そのものを疑わせるものだと言わざるをえません。そして、この社会福祉法人に対する浦安市当局の姿勢こそが、市民の血税である公金を管理する市の甘さを露呈するものだと思います。

 

以上の内容で、意見を述べてきました。

異議申立人と補佐人の意見陳述を受けて、「浦安市情報公開・個人情報保護審査会」の会長はじめ委員の方々の審査決定が待たれます。

 

社会福祉法人パーソナル・アシスタンスとも敗訴

IMG_0878

平成27年第4回定例会真っ只中、広瀬明子議員(無所属)社会福祉法人パーソナル・アシスタンスともから名誉毀損で訴えられていた件で、最高裁决定が以下のように出た旨、連絡がありました。

   主文

・本件上告を棄却する

・本件を上告審として受理しない

これで、社会福祉法人パーソナル・アシスタンスともの敗訴が決定し、議員として不正を追及してきたことが、名誉棄損にはあたらないことが、証明されました。

社会福祉法人パーソナル・アシスタンスともには、税金から巨額の委託料・補助金がつぎ込まれているわけですから、不正が行われていないかをチェックするのが、議員の役割・仕事です。そして、その疑義を正すために、議場で発言し、ブログに記載して市民の方にお知らせするのです。

ですが、そうした議員活動に対して、社会福祉法人パーソナル・アシスタンスともは、議員を訴えるという手段に出るのです。

昨年10月に行われた浦安市長選の直前、社会福祉法人パーソナル・アシスタンスともの代理人大石剛一郎弁護士から、通知書が内容証明で私宛に届きました。写真はその通知書です。

通知書の内容は、前述の社会福祉法人パーソナル・アシスタンスとも裁判の傍聴をした際の私のブログ記事、「民事裁判に浦安市障がい事業課長が証人として立つ」の全部の即時削除を求めるというもの。そして、本書到達後3日以内に削除しなければ、法的措置をとる旨の申し添えもありました。

このような脅しともとれる行為で議員活動を阻止しようとすること自体が、この社会福祉法人のあり方そのものを疑わせるものだと言わざるをえません。

 

 

 

福井の教育視察

IMG_0665

 

早朝の武生(たけふ)駅前。

雨は上がっていますが、今にも降り出しそうな曇天です。街路樹の松には、雪吊りがされていて、この地の冬の厳しさがうかがえます。

 

昨夜福井県越前市に入り、今日は朝一で県立王子保小学校、午後は武生南小学校を視察予定。

両校共に、児童の体力づくりをどのようにしているのかが、視察のテーマです。

 

2007年以降、全国の小学6年生と中学3年生を対象に毎年行われてる「全国学力テスト」。そのテスト結果で毎回上位に名を連ねているのが、秋田県と福井県の”二強”です。さらに、福井県は08年から全国の小学5年生・中学2年生を対象に実施されている「全国体力テスト」でも毎回トップクラスの成績を収めており、その文武両道ぶりが際立ちます。

この、福井県の子どもの学力と運動能力の高さについて分析した本も出ている程。

福井県は、他県と比べてどのような教育環境の違いがあるのか、また、福井県の「体力づくり」の取り組みはどのようになっているのか。二校でしっかり見てきたいと思います。