折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

CAP講習会

富岡小学校で、「CAP」(Child Assault Prevention)の講習会が行われるということで、見学させていただきました。

CAPプログラムは、1978年に米国オハイオ州で開発・実施されたこどもへの暴力を防止するプログラムで、現在では、日本をはじめ世界16カ国に広がっています。
ロールプレーイングを中心に、いじめ・誘拐・性的暴力などについていっしょに考えたり、また実際に被害にあったときなどの対処方法などをこどもたちにわかりやすく教えるもので、市内でも何度か行われています。

この日の講師は、エンジョイCAP代表の滝川律子さん。CAPの理念は「エンパワーメント」(内なる力を引き出す)ということですが、本当にこどもたちを信じ、その力を引き出す語りかけ方には、目を見張るものがありました。それは、テクニック論ではなく、滝川さんご自身が、心からこどもたちの力を信じ愛し、対等なひとつの人格として尊重し、そして、こどもと関わることを心から楽しんでいるからに他ならないと確信するものがありました。

議員としても、保育にかかわるものとしても良い刺激をいただくことができました。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA