折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

4時間


一般質問を午前中に終えて、午後からは、9月10日に開催された全員協議会の録音テープを聞きました。

自分の発言の部分だけは事務局にダビングしてもらえるのですが、自分のところだけだと、何を訊かれてそう答えているのかわかりません。結局、事務局の職員さん同席の上、全体を「聞いてメモを取る」許可をもらいました。

それにしても長い。
全員協議会に4時間費やされたことを、今更ながら実感しました。

「折本議員の告発が発端だから、市が週刊ポストに抗議はしない」を繰り返す中村副市長。
発言のの意味が通じません。
職員さんと同じく取材をうけたわけで、告発したわけでもなんでもありませんが、「折本が告発した」ということをすべての元凶にしないといけない何かがあるのでしょう。

逆に、市が週刊ポストに抗議をしないということは、「義援金が市庁舎や花火に使われた」ということを認めることになってしまいます。
なぜ市は週刊ポストに抗議をしないのでしょうか。
そして、「市のイメージを下げる」ことが問題だと糾弾する議員が、なぜ市に「週刊ポストに対して抗議をして記事の訂正をしてもらうように」と強く要望しないのでしょうか。

「今回の問題に対してどう責任をとるのか」という質問には、「そもそも今回の問題はどこにあると、議員として考えているのか」を訊き返しました。
市のやっていることをすべて諸手を挙げて賛成して、なんのチェックを入れることもしないことが議員の仕事ではありません。事の本質をしっかり見極めて、公正に務めを全うすることが、議員に求められていると思います。

全部テープを聞き終わると、外はすっかり暗くなっていました。
そして、帰宅して開けたパソコンには、市民の方からのメールが。
以下、紹介します。

市長にも議員のみなさんにもお願いしたいです。
浦安の街をよく見てください。道路はがたがた、草は伸び放題。人口減は止まらない。
人口減による将来人口への影響はどうなっていますか?税収はどれだけ減りますか?そんな中で、高齢者や障がい者をどうやって守りますか?新たな震災に対する備えは?
人口減をストップさせる具体的な施策は、いつどのような形で出てきますか。復旧・復興をやり遂げる「納期」設定は、いつになったらできるのですか?
震災の影響を冷静に分析し、5年後、10年後の浦安はどうあるべきなのか議論をしてください。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA