折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

まだあった浮き上がりマンホール

IMG_1794

 

いよいよ明日は市議会議員選挙の投票日です。

 

街宣で市内を回っていると、液状化した地域の道路のガタガタ凸凹状態が全く解消されていないことがよくわかります。

そして、なんと。

まだ残されていました、浮き上がりマンホール。

写真の、人が歩いている右側にもあります。

その先の公園には、浮き上がりマンホールのモニュメントが。

 

震災から4年。

浦安市の真の復興には、まだまだ時間がかかることが実感として湧きます。

それなのに、100億円新庁舎はどんどん立ち上がるし、新浦安の元市有地にできる音楽ホール賃料30年50億円契約はするし。

こんな予算の使い方に、厳しくチェックをするのが、議員の役割のはずです。

でも、その役割を理解していない、そして果たさない議員が大半です。

 

私は、市政に飛び込んですぐに直面した、現市長の3000万円献金疑惑をどうしても許すわけにはいかないと、市長選に立候補しました。

それから3回市長選に立候補しましたが、その間ずっと、現市政の予算の使い方をチェックする議員の立場で、活動を続けてきました。

 

12年の間には、益々長期政権の弊害が露呈しているにも関わらず、癒着・しがらみ・バラマキ予算に議会がノーを突きつけられない状態が続いています。

私は、次の市長選までの間、そんな状況を看過するわけにはいきません。

自らが公平公正な予算の組み立てができる立場になるまで、現市政に厳しくチェックを入れられる議員達と力を合わせて活動を続け、それを市民の皆様にお伝えしていきたいと思います。

何をしているか分からない

 

IMG_1728

 

何をしているか分からない56%

いてもいなくても同じ34%

 

地方議員のイメージについて、全国約700人の超党派議員でつくる「ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟」などが、昨年7月に有権者約1100人を対象に行ったアンケート調査の結果です。

この結果に関して、多くの議会が行政の「追認機関」となっており、存在感を発揮できていないことが原因ではないかと、指摘しています。

 

全国都道府県議会議長会のまとめによると、2013年に都道府県議会と市議会が、知事と市長が提案した議案を「原案通り可決」した割合は98.2%でした。

予算案に限れば、都道府県議会でほぼ100%に達し、可決率はさらに高い。

 

昨日投開票の千葉県議会議員選挙。

浦安市の投票率は、31、76%。

4年前の前回、震災後直後の選挙で、投票率が31、27%と非常に低かったこともあり、

今回の投票率は改善されるはずが、わずか0、49ポイントのアップ。

 

全国的に見られる有権者の地方議会離れ、政治離れと、浦安市民の気持ちも同じとみてとれます。

住民の声を行政に反映させる「身近な議会」であるはずの地方議会が、こんなに有権者からの信頼を得ていないのです。

 

このことを真摯に受け止め、一番「身近な議会」から議会改革を行い、市民の信頼を取り戻さなくてはなりません。

 

26日投票日の浦安市議会議員選挙は、今度の日曜日告示で始まります。

 

「子どもたちが夢に向かって、輝く瞳を持ち続けられる社会をつくる」。そう決意して浦安市政に飛び込み、12年間、真っ直ぐに取り組んできました。

これからも、「浦安の真の復興」にかける私のおもいをお伝えしながら、一人でも多くの市民の方々に、市政に関心を持ち、参加してもらうための活動を続けていきたいと思います。

やっとできました。

IMG_1719
明日は千葉県議会議員の投票日です。
浦安の候補者は3名。
自民党の候補者はもちろんのこと、民主党の候補者も、松崎浦安市長の応援をもらわれての選挙戦が繰り広げられています
残る女性候補者は、私とは政治信条が異なりますが、ご自分の信念を貫かれてずっと活動されていることは、浦安市議会議員時代の誰もが認めているところだと思います。
「信念を貫く」。
政治をやる人には、一番期待したいことですし、私自身もそのことを決して忘れてはいけないことだと思っています
「勝つため」なら何でも受け入れろ、とか、そんなこと言ってるから勝てないんだ、とか進言いただくことがあります。
でも私は、獣でもない鳥でもないと、信念のないどっちつかずの蝙蝠になることはできません。
そして、「政治家って、そんなもの」と有権者の方々が、あきらめの政治離れをしてしまうことが、たまらなく残念なのです。
明日投票の県議会議員選挙が終わると、いよいよ市議会議員選挙突入です。
校正に校正を重ねた公報掲載原稿も、やっとできました。
12センチ×18センチの紙面に、私の市政にかけるおもいをなんとか詰め込もうと頑張りました。
「子どもたちが夢に向かって、輝く瞳を持ち続けられる社会をつくる」。
そう決意して浦安市政に飛び込み、真っ直ぐに取り組んできました。これからも、「浦安の真の復興」にかける私のおもいをお伝えしながら、一人でも多くの市民の方々に、市政に関心を持ち、参加してもらうための活動を続けていきたいと思います。(公報掲載分原稿より)

 

折本ひとみとお花見座談会

明日はいよいよ、恒例「折本ひとみとお花見座談会」です。

桜は、今まさに満開。

しかし、明日のお天気が、ちょっと心配という予報が。

もし雨の場合は、WAVE101で、お話に花を咲かせましょう!

ご参加お待ちしています。

 

プリント