折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

2月議会開幕

今年最初の議会。2月議会が開幕しました。今議会では、平成21年度当初予算をはじめとする、54議案が審議されます。
会期日程と議案一覧はこちらから

今年度(平成20年度)は、「ビッグプロジェクトの実現に向け、大型の財政出動の初年度」と位置付けられ、平成19年度比9.4%増、金額にして50億円多い583億円の当初予算でしたが、次年度(平成21年度)は、今年度より更に4.7%増の611億円という過去最大の予算案が提出されています。

施政方針で市長は、冒頭、世界同時金融不況に言及。浦安は、「昨年11月25日の日本経済新聞の調査によれば、平成19年度の本市の自主財源比率は84.1%で、調査対象となった全国783市中1位となっており、財政状況は健全な水準を維持してきました。
しかし、今後数年は景気悪化による税収の落ち込みが予想されるうえ、約40年に及ぶ新しい街をつくる時代も終息を迎え、今までのような右肩上がりの成長が期待できない一方、社会保障関係費などの経常的経費の増加が見込まれるなど、今後の財政状況は楽観視できない状況にあります」と経済情勢悪化の影響を【市政運営の基本的な考え方】で表明しています。

しかし、【財政の状況と見通し】の段では、「地方財政は、地方税収入や地方交付税の原資となる国税収入の伸びが期待できない一方で、社会保障関係経費の自然増が見込まれることに加え、公債費の償還が今後も高水準で続くことから、将来の財政運営が圧迫されることが強く懸念されている」という一般的な見方に続き、「一方、本市は、134億円を超す財政調整基金を保有し、また、各種財政指標からも他の自治体に比べ、恵まれた財政状況にある」と述べています。しかし、そんな浦安でも、「景気減速の影響を受け、法人市民税の減収に加え、配当割交付金や株式等譲渡所得割交付金などの税交付金の減収が見込まれている」ことを明らかにして、経費削減に努め、効率的な行財政運営を推進していく必要性があるという認識を表明。

そして、【平成21年度の予算と組織】で、「こうした厳しい財政状況ではありますが、長年の懸案課題の解決に向け、経常的経費の縮減を図るとともに、財源の確保に取り組み、財政調整基金から44億9,100万円を繰り入れ、予算編成を行いました。この結果、予算規模は、一般会計において、過去最大の611億円となり、前年度と比べ27億5千万円の増となりました。また、特別会計においては、7会計をあわせ225億7,380万円、前年度に比べ18億8,560万円の増となりました」と、次年度の予算編成を発表しました。

44億9千万円を財政調整基金から繰り入れるということは、134億円の財政調整基金の1/3にあたる33.5%を切り崩すことになります。前段で述べている「134億円を超す財政調整基金を保有し」という「恵まれた財政状況にある」根拠が、違ってきます。また、昨年度より27.5億円の増額となる当初予算の財源は、貯金を切り崩してもまだ足りず、経営的経費も縮減しなければならないということも伺えます。


まさに、「将来の財政運営が圧迫されることが強く懸念されます」。心して審議にあたりたいと思います。

施政方針全文はこちらから

環境保全・省エネの技術

矢崎県議のお誘いを受けて、京葉ガスの「環境・省エネ勉強会」に参加させていただきました。

環境は、私の人生のテーマともいうべきもの。特技に「光熱費の節約」と書いていますが(笑)、日々の生活の中で、すぐにできる環境活動を継続的に続けることが、もっとも身近で確実なエコではないかと思っています。

スケールが大きくなってもそれは同じことで、日々の業務や施設の運営の中に、いかに継続的で確実なエコを取り入れていくかが、基本のテーマにあると思います。

その「確実なエコ」の手法のひとつがESCO事業です。ESCO事業は、CO2の削減や省エネルギーの方法を提案し、結果的に減った水道光熱費から対価を得る実効性のある環境マネージメントシステムで、浦安ではこの21年度から、総合体育館で導入されることが決定しています。

浦安は、行政としては、いち早く環境マネージメントシステムISO14001を取得していますが、2006年の2月議会質問したところ、温室効果ガスの排出量が目標値より大幅に上回っていることが判明し、より実効性のあるシステムに変えるよう要望いたしました。
あれから3年。ついに、市内ではじめてESCO事業が導入されることになり、私もその効果に熱い期待を寄せています。

今回この事業を担うのは、京葉瓦斯株式会社を代表とする3社で構成されたグループで、「浦安市総合体育館ESCO事業提案審査委員会」の審査の結果最優秀提案として選定されました。

提案内容としては、高効率冷温水発生機への更新、ガスコージェネレーションシステムの導入、温水配管の保温強化、冷温水・温水ポンプの流量制御、擬音装置の導入などにより、
●省エネルギー保証率  16.2%
●CO2排出量削減保証率  11.9%
●光熱水費削減保証額  48,000千円/年
が約束されています。

勉強会では、民間の技術による最新のCO2削減及び省エネの手法を聴くことができ、議員としてもまた生活者の一人としても、とても興味深い内容でした。

次々と開発される新技術。市民の中に、エコという選択肢を浸透させて行くには、わかりやすい情報発信が必要です。

インターネットでは、価格を比較するサイトなどが人気ですが、家電や給湯器、コンロ、暖房器具などを購入する際に、CO2の排出量や光熱費削減効果などが比較できないものかと思います。

CO2の排出を抑制でき光熱費も節約できる器具を選ぶことは、家庭でできる「小さなESCO」になるかもしれません。

1日体験入学

園のこどもたちを連れて、一日体験入学に行ってきました。
小学校は、卒園を間近に控えた年長の園児たちのあこがれの場所。保育園の中では一番のお兄さんお姉さんでも、小学校の中ではまだまだ小さく、そして可愛く見えます。
大きなげた箱、始業のチャイム。校内に一歩足を踏み入れた瞬間から、目新しいもの、初めてのことばかりで、こどもたちの目は好奇心に輝きます。
校長先生や教頭先生のお話しを真剣に聞く姿勢から、期待に胸をふくらませていることがも伝わってきます。
一年生のクラスでは実際に着席させてもらったり、二年生の授業風景を見せてもらったり、また、コンピュータールーム、図書室、体育館と校内探検もさせてもらいました。
今は、まだちょっぴり不安げなこどもたちも、すぐに慣れて、今日会ったお兄さんお姉さんたちと同じように学校になじんで行くことでしょう。
桜が咲くころ、真新しいランドセルをしょって門をくぐる姿が目に浮かぶようです。

一般質問通告

今年最初の議会が近づき、今日は一般質問の通告をしてきました。
今回私が質問する項目は下記の通りです。


1.浦安市の財政について

(1)税収減による影響と今後の見通しについて
(2)市庁舎建設一時中断と施策の優先順位について

「複合的な不透明感」という不明瞭な理由で一時中断となった新庁舎建設計画。豊かと言い続けられている(主に当局が言い続けている)財政は、どうなっていくのか、また、第二期基本計画がはじまっているなか、そこに盛り込まれた施策の優先順位をどうつけていくのかなどを聞きます。

2.浦安市の教育について
(1)浦安のこどもたちの体力・運動能力について
(2)基礎体力と運動能力の向上推進事業について


今年1月、文科省が、全国体力テストの結果を発表しました。こどもの体力低下は、相変わらず深刻な状況です。全国学力テストで上位だった福井や秋田は、体力も高く、更に毎日朝食を食べるなど規則正しい生活習慣も、学力・体力ともに影響しているという結果が出ています。浦安では、こどもたちの体力を向上させるため、第二期基本計画に「基礎体力と運動能力の向上推進事業」を盛り込み、昨年、モデル校での導入がはじまっています。その成果や、今後の取り組みなどを聞きます。

3.事業系ゴミの有料指定ゴミ袋について

(1)普及状況について
(2)料金について
(3)導入の効果について

1月から、事業系指定ごみ袋の料金が改定され、燃やせるごみ・燃やせないごみ45リットル1袋が220円から280円に値上がりしました。事業系ゴミ袋の有料化については、平成18年1月4日の導入以来、よく事業者のみなさんから、その意義を聞かれます。19年には、資源ごみの袋や新聞・雑誌用のダンボールも有料化されています。こうした取り組みの成果や狙いを改めて聞いてきたいと思います。

一般質問の順番は4番。日程は改めてお知らせします。

ポスティングで見つけた春

今週末は、「さぁ、いっしょに!新聞」のポスティングに励みました。

写真は、その途中でみつけた「春」です。ほのかな甘い香りに目を上げると、お庭の梅の木が紅白の可憐な花をつけていました。

先週、春一番が吹いてから、暖かい数日と寒い数日が交互にやってきています。まさに「三寒四温」。こうして、徐々に春の日和が多くなり、季節が入れ替わっていくのでしょう。

来週、二月議会が開幕します。