折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

今週のひとこと Vol.137 「追儺(ついな)」



病や災いなどの邪気を追い払い、福を招き入れる年中行事「節分」が近づき、今年もこどもたちが想像力を発揮して「怖い顔」を描いた鬼の面の制作が終わりました。

実は、毎年、この鬼の面を見るのが、私の楽しみのひとつ。絵本やテレビなどで見た鬼か、はたまた身近な大人の怖い顔か、あるいは、まったくの想像か、実に個性的な鬼たちに出会うことができます。

大概は、太い眉、つり上がった目、大きな鼻と口、牙などが、それぞれに最も「怖い」と思う色や配置で描かれていますが、中には人の良さそうなのんびり顔の鬼や招き入れたくなるような福相の鬼、どう見ても気弱そうな表情の鬼も混ざっていて、噴き出してしまうこともしばしばです。

節分の歴史は古く、平安時代初期には、すでに宮中で行われていたという記録が残っているそうです。その当時は、方相氏(ほうそうし)と呼ばれる鬼を払う役目を負った大舎人(おおとねり=役人)が、金色の4つ目を持つ鬼の面をかぶって、宮中の厄を追い払って回ったのだとか。当初鬼は、追われる方ではなく、追う方だったのですね。それが、時を経て、庶民の間に広まるうちに、邪気を象徴する鬼を追い払うという現在の形に、変化していったようです。

豆を撒くようになったのは、鎌倉時代以降で、「まめ」の名が「魔(を)滅(する)」ことに通じることや、大豆はその固さから、陰陽五行説(木、火、土、金、水の五元素)の「金」を象徴し、「金」は鬼を象徴していることなどから、「金」の力を封じることができる「火」で大豆=鬼を炒って食べることが、悪鬼の退治になり、無病息災につながるという由来があるとか。調べてみるとなかなか奥が深いものですね。


景気が急速に悪化した昨年以降、コンビニ強盗やタクシー強盗が急増しているそうです。1~8月と9~12月の月平均犯罪認知数を比較すると、コンビニ強盗が4割増、タクシー強盗が3割増にもなっているという報道がありました。警察庁幹部によると、コンビニやタクシーをねらった強盗は、「経済的に追いつめられた者による場当たり的犯行が目立つ窮乏型犯罪」のケースが多いとのこと。殺人などの凶悪犯罪も、失業率の悪化と相関して増えるということです。経済的な困窮は、時に邪気を招き、人を「鬼」に変えてしまうのでしょうか。


「鬼は外 福は内」。

節分の歌をうたう「無邪気」なこどもたちの声を聞きながら、根本からこの社会を変えていかなければ、という思いを新たにしています。

受験シーズンの駅で

駅立ち週間が続いています。
受験シーズン真っただ中ということもあり、たくさんの受験生をみかけます。中学受験と思しき親子連れ、高校受験に向かう中学生のグループ、引き締まった顔つきの高校生…。
それぞれに、試験に挑む緊張感を背中に漂わせながら、改札口に吸い込まれていきます。

昨年7月、日本政策金融公庫が、国の教育ローンを利用した世帯を対象に行ったアンケートによると、世帯の年収に対する在学費用(小学校以上に在学中の子どもにかかる費用の合計)の割合は平均で34.1%。年収が低い世帯ほど在学費用の負担は重くなり、 年収200万円以上400万円未満の世帯では年収の半分以上を占めているそうです。

下のグラフは、昨年8月の国民生活モニター調査の結果です。世界的な金融変動が起きる前の調査ですが、この時点で回答者の98%が、物価が上がったと回答。99%が物価上昇による家計の影響を実感していると答えています。その中で、「通常よりも購入や利用を控えているもの」として上げられた支出をグラフ化すると、教育費は、わずか3.4%で最下位でした。
苦しい家計の中、外食費やレジャー費はもとより、洋服を買い控えたり、お酒を我慢したり、涙ぐましい努力をしながら、こどもの教育費だけは死守している実態が垣間見えます。
その影には、わが子に教育の機会を与え、可能性を伸ばし、豊かな人生を送ってほしいという、切ないまでの親心が浮かび上がってきます。



年が明けても、日本経済の見通しは暗さを増すばかり。教育費の負担は、更に重さを増してくることが予想されます。無理をしても、より豊かな、より高い教育を受けさせたいという願い。公立教育の真価が、今後ますます問われることになると思います。

新庁舎建設事業に関する特別委員会

新庁舎建設計画の一時中断のニュースが流れてから、最初の「新庁舎建設特別委員会」が開かれました。

この日、市長から、建設の一時中断の報告とその事由の説明がありました。
新庁舎建設計画は、凍結ではなく「一時中断」だということで、今年度予算化されている基本設計は、今年度中に終了させ、来年度に予定されていた実施設計を一時見送るとのこと。

理由は、浦安の財政状況の悪化ではなく、「不透明感」。今年予定されている政局の先が見えないこと。100年に1度といわれる不況下で経済の先行きが読めないことをあげ、「不透明感」が理由であることから、今後先が見えれば、計画を続行するという説明でした。

以上取り急ぎご報告します。

市長説明原稿の全文は、以下からご覧いただけます。

浦安市HP「新庁舎建設事業の一時中断について

【さぁいっしょに!新聞ダウンロード】第30号

2009年1月発行(2.5MB)
新庁舎建設計画案が凍結されることになりましたので、速報をTOPに掲載し、これまでの経緯をまとめました。建設計画案見直しの裏に何があるのか、詳細に調査する必要性を強く感じています。
裏面には12月議会報告の一般質問の抜粋を掲載しました。

画像をクリックするとダウンロードしていただけます。


★ご覧になるには、Adobe Readerのプラグインが必要です。こちらから無償ダウンロードできます。

駅立ち初め

「おはようございます!今年もよろしくお願いします!」さぁ、いっしょに!新聞最新号を持って、今年最初の駅立ち週間がはじまりました。
この時期の、早朝の駅は本当に寒く、6時半から9時半までの3時間で、体の芯まで凍えます。ああ、でも駅はいいです。わざわざ、新聞を取ろうと近づいてきてくださったり、声をかけてくださったり、体は冷えても心はポカポカ。とても元気をいただけます。本当にいつもありがとうございます。

新浦安、舞浜、浦安と、場所を変えながら、来週も駅に立ちますので、ぜひ新聞をお受け取りいただければ幸いです。