折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

今週のひとこと Vol.128 「嘘つきは泥棒のはじまり」

128





夏休みに入り、卒園児さんが時々園に遊びにきています。小学生になったこどもたちとのおしゃべり。話題は、おのずと夏休みの宿題や自由研究になります。
宿題の進行度合いを報告してくれる子。工作や自由研究の構想を聞かせてくれる子。「絵日記を毎日書いている」と胸を張る子。それぞれ、夏休みの期間中に、自分のやるべきことを計画し、それを果たそうと努力している様子が伺えます。
こどもたちの宿題の話、学校の話の中に、必ずと言っていいほど登場するのは、担任の先生。ほとんどのこどもは、自分の受け持ちの先生のことが大好きで、その期待に応えようとする気持ちが、宿題や課題への意欲につながっていることがよくわかります。

そんなこどもたちの純粋さに触れながら、大分県で発覚した教師の採用や昇格にからむ汚職問題を思わずにいられません。

先生は、勉強はもちろんのこと、お友だちとの関わり方や学校という小さな社会のルールを教えてくれる存在であり、こどもたちにとって「先生が言ってた」は、”正しいこと”の絶対的な基準です。「嘘をついてはいけない」、「ずるをしてはいけない」、人としての基本を教える立場の人間が起こした今回の事件は、身をもって「本音と建前は別」「ずるをしなければ世の中渡っていけない」と、教えているようなものです。そしてその影響は、全国の教育現場でがんばる先生たちと保護者やこどもたちの信頼関係をゆるがす事態に及んでいます。

「嘘つきは泥棒のはじまり」と言いますが、不正を働いた教師たちに問われているのは、不正そのものの罪だけではありません。先生を無条件に尊敬し、その期待に応えようとするこどもたちの純粋な思いを盗んだ罪も、同時に問われていると思います。

お米の花が咲きました

発泡スチロールの田んぼに、稲穂がでてきました。

春の職員研修で田植え体験に行ったとき、分けていただいた稲の苗(→詳細「田んぼの土を探して」)を植えた田んぼです。園に置いてこどもたちといっしょに育ててきました。

初めて見るお米の花に、こどもたちは興味津々。
触ってみる子もいます。

田植え体験をした夷隅町の田んぼにも、きっと初々しい稲穂がすっすと出ていることでしょう。

日照りに負けぬように、
台風に襲われぬように、
すずめに食べられぬように、

収穫までにはまだまだ幾多の難関を突破しなければなりません。

秋、一面黄金色に染まった田んぼを訪ねるのが楽しみです。

駅立ち終了

さぁ、いっしょに!新聞28号配布の駅立ちも今日で完了。写真は、塾に通うこどもたち。駅の風景もすっかり「夏休み」になりました。

それにしても…。小学生の塾通いが多いこと。深刻な公立離れを実感します。

公立教育を立て直しは、火急の課題。新学習指導要領の導入を前に、前倒しで、夏休みを短縮し授業数を増やしている自治体は、10%にも達しているそうです。一番多く夏休みを短縮した前橋市、京都市、鳥取市では、なんと7日も休みを縮小しています。授業数だけで単純に推し量ることはできないものの、自治体の教育に対する意識の違いによって、公立教育の地域間格差が広がって行きそうな気配を感じます。

浦安では、市内全公立小中学校にクーラーを設置することになり、今年度予算には、中学校分の設置費が計上されました。「暑さで勉強に集中できない」ための措置という説明でしたが、公立教育充実のためにクーラーなのでしょうか。それ以前に、やるべきことがあるのではないかと強く感じています。

さぁ、いっしょに!サバイバルシチュー試食会


9月と言えば防災月間という事で、浦安市でも災害用に備蓄しているサバイバルフーズが一体どんな食べ物なのか、さぁ、いっしょに!試食してみませんか?
試食をしながら、災害の知恵の交換など、防災について考えられればと思っています。
「折本ひとみと話す会」も、同時開催。市政相談も歓迎します。

当日は、マイ食器を忘れずにご持参くださいね。
ふるってご参加ください!

【お申し込み方法】
 下記、折本ひとみ応援隊まで、メール又はFAX、お電話でお申し込みください。
 ※どなたでもご参加いただけます。
 ※お子さま連れも歓迎します。
 ■日時 9月13日(土) 13時30分~15時30分
 ■会場 WAVE101サロン5
 ■会費 無料
 ■持ち物 マイ食器(深めのお皿又はカップ、スプーン)、飲物
 ■主催 折本ひとみ応援隊
  TEL 047(350)1003  FAX 047(316)3152 

【さぁいっしょに!新聞ダウンロード】第28号

2008年7月発行(972KB)
6月議会報告を、両面にわたって掲載しています。『公共交通機関について』『ゴミ施策について』『災害用備蓄食糧について』の3件の一般質問を行いました。
2面には、応援隊イベントへのお誘いを掲載しています。一般質問でも取り上げた災害備蓄食糧なんですが、食べてみる機会がなかなかないですよね。という訳で、サバイバルフーズをみんなで食べながら、防災についていっしょに考えられればと思っています。マイスプーン、マイ皿を持ってご参加ください。


画像をクリックするとダウンロードしていただけます。


★ご覧になるには、Adobe Readerのプラグインが必要です。こちらから無償ダウンロードできます。