折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

苦渋の賛成討論

昨日の本会議をはさみ、今日と一昨日と教育民生委員会があり、付託された議案の審議を行いました。

委員会では、平成21年度に仮称東野小学校新設、学校適正化推進事業、学校教育臨時教員等経費、部活動推進事業、見明川小学校校舎大規模改修事業、市内全中・小学校普通教室・全幼稚園保育室エアコン整備事業、高洲公民館複合施設整備事業などについて質疑を行いました。

長時間の質疑でしたので、かいつまんでお話しすると、仮称東野小学校については、今後20年にわたり各学年4クラスを見込んでいるとのこと。なぜそれがもっと早く分からなかったのか、学校適正化推進事業と複合的に関りあう問題ではないかなどを聞きました。

学校教育臨時教員については、少人数教育推進教員の人材がたりないため、今年度、補正予算で使うはずだった予算が大幅に返上しています(更正減)。20年度も予算どおりの人材が確保できるか非常に心配です。
以前一般質問でも、少人数教育にたずさわる先生の待遇を改善する必要があると指摘したことがあります。教育は人です。優秀な人材に責任と情熱をもって教育にあたっていただくためには、高額とは言えない時給制の雇用では無理があるでしょう。なり手がいないから、予算を使いませんではなく、なり手を増やすためにどうすればいいのか、根本的に見直す必要があります。

エアコン整備事業は、私はどうしても「昨今の夏は暑いからいい」とは思えません。その理由は3つあります。
1点目は、環境への影響です。地球温暖化で、夏が暑くなったから、エアコンを入れる。そしてまた温室効果ガスをどんどん出す。温室効果ガス削減計画との整合をどう図っていくのか、どのくらい温室効果ガスが増えるのか、そこで増えた分をどこで減らすのかなど、きちんとシミュレーションもせずに、この事業が進められていることに疑問を感じます。

2点目は、教育的な影響です。エアコンが効いた涼しい教室で、環境教育をどう行うのかと思うのです。当局はエアコンの温度調節なども環境教育の一貫という答弁をしていましたが、正直とってつけたような理屈としか思えません。

3点目は、エアコンの整備により、こどもたちの健康(エアコンの直接的な影響とエアコンによる行動変化などの影響)にどんな影響があるのか検証もせずに、一律に導入をしてもよいのかという疑問です。
人の発汗機能は、成長期に鍛えられます。気温の上昇に対応して汗をかく。これが健康的な反応なのです。代謝を抑制することが、どんな影響を及ぼすのか、長期的な視点で考えたのでしょうか。
また、今でも少ない「外で遊ぶ」という大切な時間を、減少させることにならないのかという危惧もあります。エアコンの近くにいるこどもたちの「冷え」などによる影響も実に心配です。

快適なもの、好きなもの、楽なもの…こどもにとってそればかりがいいことではないと、私は身をもって知っています。むしろ耐えること、がんばること、やり遂げることが、こどもたちの将来にとって、大事なのだと思うのです。

そんな気持ちを含めつつ質疑を行ったのち、採択では、20年度当初予算に対し「賛成討論」を行いました。もちろん次年度の予算にもろ手をあげて賛成という立場で討論に立った訳ではありません。市政の停滞を招くことを考えれば、当初予算に反対することはできないと決断したものの、様々な事業や当局の姿勢に対し意見・疑問があり、あたかも「反対討論のような賛成討論」を行い、予算に盛り込まれた事業のすべてを是とした訳ではないことを、表明いたしました。

連合審査会

議案第18号と20号の審議採決の後、「市民病院再整備基本計画」の連合審査会がありました。

連合審査会とは、本来は、担当する常任委員会付託の案件を、他の委員会所属の委員もいっしょに審査するもので、5年(弱)の議員生活で初めての経験です。

審査の内容は、浦安市川市民病院を民設民営で再整備するために、来年度に後継法人選定委員会を設置することに関してです。

今年度(19年度)の当初予算には、市民病院運営費の負担金として、浦安市、市川市でそれぞれ5億3千万円ずつの予算が組まれていました。先の議会では、3億5千万円の追加補正が行われ、今年度の両市の負担は、それぞれ8億8千万円、合わせて17億4千万の税金を投入したことになります。

そもそも、平成15年度に「市民病院再整備基本構想」を策定して以来、5年余にわたり再整備に取り組んできたはずですが、病院経営は悪化の一途を辿り一昨年には医師数が44人から33人に減少。皮膚科など2科の常勤医が不在となり、5月には産科が休止し、入院患者数(1日平均)も2005年の217人から今年度は149人までに減少しています。

このままの状態で黒字に転換するのは、困難であることから、ついに民設民営とする結論に達したのですが、「民設」といっても建設費のほぼ全額が補助金。巨額な負担が予想されますので、再整備に関して、八千代の東京女子医大付属病院を例にあげ、細かく質疑を行いました。

市民病院が、市民のニーズにかなった高度な医療を提供する新たな病院になることは重要ですが、誘致のためとはいえ、必要以上の税金を投入することのないように、継続的にチェックするとともに、他市の民設民営の事例(失敗例・成功例)などを、研究したいと思っています。

ひな祭りコンサート

昨日、WAVE101でUIFA(浦安市国際交流協会)主催の「ひなまつりコンサート」がありました。

「雛祭りによせて」と題したプログラムで、フルート奏者沼田絵恋さん(浦安市在住)の奏でる美しいメロディーを堪能させていただきました。

休憩時間には甘酒も振る舞われ、気分はすっかりひなまつり。日本伝統の祭事を通じた外国の方との交流を、会場のお雛様が静かな笑顔で見守っていました。

あ、まだ家のお雛様飾ってない!

浦安防犯セミナー

日の出小学校体育館で、浦安防犯セミナーが行われました。
講師は、NPO法人日本腹話術師協会理事長のいいむろまなみさん。
こどもたちが、非行や犯罪から身を守り、また決して非行や犯罪の主体にならないためにはどうすればいいのかを、親と子でいっしょに考えるといった内容で、腹話術で操る人形は、なんと4体!
動物のようなもの1体、女の子1体、男の子2体を駆使して、人の心にある、「迷い、不安、心配、悩み、怒り、憎しみ、恨み、嫉妬、あきらめ、投げやり、破壊」をどのようにすれば克服できるのかを、わかりやすく、そして力強く訴えていました。

内容の素晴らしさはもちろんですが、美しい声と腹話術の技にも強い感銘をうけました。
こうした講座は、主催者の意図を来場者にどのような手段を用いて伝えるのかが、もっとも大切です。さまざまな表現の仕方がありますが、「親子」という対象者に合わせた企画に感心しました。

アリーナでは、日の出小吹奏楽部の演奏会が開かれていました。
日頃の練習がうかがえるすばらしい演奏…娘が日の出小学校吹奏楽部に所属していましたので、演奏を聞きながら、当時のことが思い出され、懐かしさに浸ってしまいました。

会派代表総括質疑

「明日のうらやす」を代表して、今回出されている議案に関する総括質疑を行いました。

用意した質疑は、32。うち何問かは、先に質疑に立った会派の質疑内容と重複しましたので、割愛いたしましたが、主に20年度の施政方針と当初予算について聞きました。

「一般質問通告内容」の記事にも書きましたが、平成20年度は「ビッグプロジェクトの実現に向け、大型の財政出動の初年度」(施政方針)と位置付けられており、今年度より約50億円多い予算編成となっています。
「長年の懸案課題である元町再整備の仮称新中通り線周辺市街地整備事業、浦安駅周辺再整備事業、地域の医療ニーズに応え得る病院としての浦安市川市民病院再整備事業、さらに庁舎等建設事業など、多くのビッグプロジェクトに怯むことなく、果敢に挑戦」(同)していくための財政出動がはじまろうとしているのです。

新庁舎計画の規模が示しているように、市の金銭感覚は、民間とかけはなれていると強く感じています。この先、市の財政がどうなっていくのか…。
続きは、一般質問で聞きたいと思います。

施政方針全文はこちらから→http://www.city.urayasu.chiba.jp/a007/b006/d00700031.html