折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

今週のひとこと Vol.119 「つもり違い十カ条」


高いつもりで低いのは教養
低いつもりで高いのは気位

深いつもりで浅いのは知識
浅いつもりで深いのは欲

厚いつもりで薄いのは人情
薄いつもりで厚いのは面の皮

強いつもりで弱いのは根性
弱いつもりで強いのは我

多いつもりで少ないのは分別
少ないつもりで多いのは無駄


高尾山山頂近くの薬王院に立ててある看板に書かれていることばを、ある日の新聞が紹介していました。言い得て妙、と面白がってはみたのものの、ああ、悲しいかな、すべてにドキリとする自分がいるではありませんか。
この戒めを忘れないように壁に張付け、読み上げながら日々の教訓にしている今日この頃です。

わが身を反省しながら、この「つもり違い」を行政にあてはめてみたらどうだろうと、「市民満足度」「行政サービス」「不能欠損」「お役所意識」「市民への気持ち」など色々な言葉を探しては、組み合わせてみたりしてしまいました。

こうした場合の、つもりは「心算」とも書き、
1.前もってもっている考え。意図。心ぐみ。
2.実際はそうでないのに、そうなったと仮定した気持ち。
3.予想して計算すること。見積もり。
などの意味を持ちます(出典:大辞泉)。

「知っているつもり」「伝えたつもり」「やっているつもり」「がんばっているつもり」…。すべては、仮定の上にあるなんとも心もとないものです。

今回の議会、一般質問で、教育行政サービスの評価制度について聞きましたが、現在行われているのは、多少保護者の意見などを加味されているものの、最終的には内部の自己評価。これでは教育行政サービスNO.1の「つもり」が横行するのも無理はありません。そしてこれは、他の行政サービスにも言えることだと思います。
つもりではなく、実証を。そこから、新たな一歩がはじまると思うのです。
<今週のひとことVol.119 2007.9.27>

中秋の名月とポイ禁キャン

本会議終了後、久しぶりにポイ捨て防止キャンペーンに参加しました。  「浦安市はポイ捨て禁止(禁市)です!」と、特に「禁止」に力を込めて声掛けをするので、私はこの活動を個人的に「ポイ禁キャン」と呼んでいます。
今夜は中秋の名月。とはいえ、まだまだ暑い!
新浦安駅前広場の木立の上に顔を出した月を見ながら、キャンペーン販促品のティッシュ配りに汗をかきました。

ポイ捨てにしろ、先日議会でも質問した違法駐輪にしろ、自転車の無灯火走行にしろ、マナー、モラルの低下によって起こる市内の諸問題に対処するため、市では様々な啓発活動を行っています。こうした活動が大切だとは思うものの、どうも問題解決の決め手にはなっていないような気がします。

罰則つきの厳しい条例を作ったところで、取り締まらなければ意味がありません。現に無灯火走行などは、道路交通法で罰金刑にもできるのです。

もっと柔軟な発想で、あの手この手を打つことはできないものか…。効果測定もしっかり行わないと…。月を見ながら思案にふける秋の夜長です。

一気に!

議会中ということもあり、ブログに向かう時間が取れなかったので、本日、書きためておいたり、途中までになっていた記事を完成させ、一気にアップしました。本当に、夏休みの宿題の絵日記をまとめて書いているこどもみたいですね。我ながらあきれます。

ただ、議会は議員の真剣勝負の場、どうしても議会のことが最優先になってしまいます。この議会も、会派代表質疑、委員会質疑、一般質問のヒヤリング、一般質問の準備などで、寝不足が続き、昨日は珍しく小学生のような時間に寝てしまいました。

そうだ、今週のひとこともずいぶん書いてないですね。これでは、今月のひとことになってしまいそうです。書きたいことはいっぱいあるので、さっそく取り掛かりたいと思います。

一般質問終了

今日は、一般質問でした。
いやぁ~、前回から大幅に原稿をけずったのですが、今回も時間が足りず議長の「時間です」のご指摘に、最後の言葉がかぶってしまいました(汗)。

一般質問の詳細は、いつもの通り「さぁ、いっしょに!新聞」でご報告させていただきます。

議会も終盤にさしかかり、着手したままになっている市民相談が気になります。たくさんのご相談をいただいているもので、お待たせしているものもたくさんありますが、ひとつひとつ解決に持っていきたいと思いますので今しばらくお待ちください。

写真は、今朝議場に向かうとき、Uセンターの前で出会った男性…(うーんやはり、浦安の男性にはこの呼び名は似合わない…思い切って呼ばせていただくと)Uセンターの前で出会った元町の”おいさん”です。
このカラフルなロケット状のもの、なんだと思いますか?釣りをされる方ならすぐおわかりになるかもしれません。魚をおびきよせる「コマセ」を入れるものなんですって。「境川の河口でよ、さよりが釣れっからよ」と、気さくに教えてくださいました。「新鮮なさより…」にわかに、釣りを始めたくなった私です。

8986文字

一般質問の最終原稿ができました。
毎回、資料やら下書きやらで、机にできる紙の山…。もちろんFAX用紙に使いますが、書く文字数も半端ではありません。

原稿なしでやってみたいとは思うものの、40分という自分の持ち時間の中で、言いたいことをできるかぎり盛り込むためには、原稿は必須です。実は前回、10105文字の原稿を用意したのですが、答弁を受けて、その場で付け加えることもあり、最後のほうで時間が足りなくなってきて、寝る間も惜しんでひねり出した名台詞(笑)をだいぶすっ飛ばしてしまいました。

で、今回用意した原稿は、8986文字。これでもたぶんかなりきつそうです。
一般質問は明後日。これから、ああきたらこうくる、こうきたらこうかえすのシュミレーションに入ります。