折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

文部科学大臣からのお願い

先週17日。文部科学省は、相次ぐいじめによる自殺を受け「子どもと大人社会一般に対していじめの問題について呼びかけを行う」という趣旨で、「文部科学大臣からのお願い」を発表しました。

各地方自治体や教育機関、学校などでは、ホームページなどにお願い文書を記載(浦安は未掲載)したり、をプリントしてこどもたちに配布するなどしたようです。
実際に配布されたプリントを今日卒園児さんのお母さんから見せていただきました(写真)。

A4版の紙の片面に、こどもへのメッセージ、片面に大人たちへのメッセージが印刷されています(以下全文です)。

——————————
文部科学大臣からのお願い

未来のある君たちへ
弱いたちばの友だちや同級生をいじめるのは、はずかしいこと。
仲間といっしょに友だちをいじめるのは、ひきょうなこと。
君たちもいじめられるたちばになることもあるんだよ。後になって、なぜあんなはずかしいことをしたのだろう、ばかだったなあと思うより、今、やっているいじめをすぐにやめよう。

  ◇  ◇  ◇

いじめられて苦しんでいる君は、けっして一人ぼっちじゃないんだよ。
お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、きょうだい、学校の先生、学校や近所の友達、だれにでもいいから、はずかしがらず、一人でくるしまず、いじめられていることを話すゆうきをもとう。話せば楽になるからね。きっとみんなが助けてくれる。

平成18年11月17日 文部科学大臣 伊吹 文明

——————————

お父さん、お母さん、ご家族の皆さん、学校や塾の先生、スポーツ指導者、地域のみなさんへ

このところ「いじめ」による自殺が続き、まことに痛ましい限りです。いじめられている子どもにもプライドがあり、いじめの事実をなかなか保護者等に訴えられないとも言われます。

一つしかない生命。その誕生を慶び、胸に抱きとった生命。無限の可能性を持つ子どもたちを大切に育てたいものです。子どもの示す小さな変化をみつけるためにも、毎日少しでも言葉をかけ、子どもとの対話をして下さい。

子どもの心の中に自殺の連鎖を生じさせぬよう、連絡しあい、子どもの生命を護る責任をお互いに再確認したいものです。

2006年11月17日 文部科学大臣 伊吹文明

——————————

新聞報道などでこの文章を読んでいましたが、実際に配布された文書を手にすると(内容はともあれ)、こどもたちが日々向き合っているものが、とても現実的に胸に迫ってきました。

いじめによる自殺が再び社会問題化しはじめたころ、高校の未履修問題でも、相次いで校長が自らの命を絶ちました。亡くなられた方のつらさは、尋常なものではなかったとしても、自分が直面している問題の解決方法に「自殺」という選択肢があることを、教育者が、身を持って示すようなものではないかと、大変残念に感じていました。

いじめ問題が深刻化する今、大人の「生き様」がこどもたちに問われていると思います。

必死に生きて生きて行き抜くことが人生。いじめの対処マニュアルとか、心理学者の意見だとか、そんなテクニック論ばかりでなく、いじめているこどもにも、いじめられているこどもにも、傍観しているこどもにも、「いじめてはいけない」「死んではいけない」「見ない振りをしてはいけない」と、体当たりして行く大人の純粋な必死さ。家庭にも教育現場にも、そして政府にも、最も不足しているもののように思えます。

新聞を持って

さぁ、いっしょに!新聞を持って、今週から駅に立っています。
そして、「駅で見かけた」という方から、再びメールやコメントをいただいています。

人生には、挑戦しなければならない場面があり、
それに破れることもある
大切なのは、くじけず起き上がることだ

様々な形でとどけられるメッセージが、胸に沁みます。
本当にありがとうございます。

選挙後の片付けや、書類作業なども終了し、
平静な日々がもどってきました。
でも、心の高ぶりは、いつまでたっても、落ち着きそうにありません。

和歌山、福島、宮崎と相次いで、知事の汚職が発覚。
「談合」「不正」「汚職」「選挙の謝礼」「天の声」…。
そんな単語が新聞の紙面にあることが、当然のようになってしまっている社会は、
やはり絶対に間違っています。

選挙戦で「クリーンすぎてちゃだめなんだ」とアドバイスをくださった方がありました。
私は「クリーンでなければだめなんです」と答えました。

ゆるぎのない倫理観こそが、政治を目指す者の基本。
血税を不正に使われることをことを望んでいる市民はいないはずです。

仕組まれた世の中

今週始め、今年9月に青森で行われた政府主宰の「教育改革タウンミーティング」で、教育基本法改正への賛成意見を趣旨とした質問をするよう、一般市民に働きかけていた問題が発覚しました。折しもいじめによる自殺が相次いでいる中のできごとであり、社会の病の重さをひしひしと感じる事件でした。

タウンミーティングは、小泉前首相が「国民との対話」を目的に、2001年6月にからはじめられた地域集会ですが、国民の多様な意見を聞いて、国政に反映させることがそもそもの狙いであったはずです。

それが、いつの間に形骸化されるばかりか、世論操作にも似た仕掛けを作っていたとは、国民への裏切りと言われても仕方がないことだと思います。

こうした事件が露呈するたびに憂慮するのは、こどもたちへの影響です。
国の教育を司る大人たちが「仕組まなくっちゃ世の中なんてうまく回らないんだよ」と、教えているようなものだと、ニュースキャスターがコメントしていましたが、まさにその通りだと思います。

いじめ自殺を予告する手紙に「君は一人ではない」と、メッセージを送っている政府が、(人は違っているとしても)一方で平気で嘘をついている世の中。こどもたちは一体何を信じたら良いのでしょう。そして、こんなニュースから、どんな、知恵を学んで行くのでしょう。

やらせを仕組んだ影にいるのは、日本でも最高の教育を受けた優秀な大人たち。しかも教育に携わる人々です。その中に、ひとりとして、それを真剣に止めようとする人はいなかったのか、それともそういう人物は、はじきだされてしまったのか…。

「こどもたちに示しが付かない」「お天道様に顔向けできない」「天知る 地知る 子知る 我知る」…。そんな言葉は、もはや死語になってしまったのでしょうか。

己の中に確固たる規範意識を持つ大人。
安倍内閣が押し進める「美しい日本」の大事な要素なのではないかと思います。

折本ひとみと話す会 参加者募集!

「折本ひとみってどんな人?」、「新聞をだけじゃよくわからない」、「名前を書いたけど、直接話がしてみたい」そんなリクエストにお応えして、折本ひとみと話す会を企画しました。平和な保育園を飛び出して、どうして政治の世界に飛び込んだのか。市議時代のエピソードや選挙の裏話も飛び出すかも!?
肩肘張らない楽しいおしゃべりのひととき。子育て相談も大歓迎です。
ふるって、ご参加ください。

【日時・場所】
●2006年12月1日 10:30~12:00
●市民プラザWAVE101 サロン5

【申込方法】
下記、折本ひとみ応援隊まで、メール又はFAX、お電話でお申し込みください。先着順で定員(30名)になり次第締め切ります。託児はありませんが、お子さま連れでもご参加いただけます。
■会費/¥100(お茶代)

【申込先】
折本ひとみ応援隊
● メール/gogohitomi@urayasu-asita.net
● 電 話/047-350-1003
● F A X/ 047-316-3152

さぁ、いっしょに!新聞20号

「さぁ、いっしょに!新聞」第20号を入稿しました。
今回の新聞は、ご支援へのお礼と、「折本ひとみと話す会」のお知らせ、そして、再選後の市長が「三期目の最重要課題」としてあげたという報道があった次世代路面電車・LRT(軽量軌道交通)について、その必要性と実現性への疑問を書かせていただきました。

LRTの導入検討は、市長のマニフェストの中に、「検討調査」とありましたが、それが「三期目の最重要課題」という報道に、驚かれている方も多いのではないでしょうか?私も、市長のマニフェストを読んだときは、実現が難しいばかりでなく、市民のニーズに沿っているのか疑問に感じていました。
再選直後の記者会見では、浦安駅─新浦安駅─舞浜駅を結ぶなど、路線の構想が示され、「LRT導入のモデル都市に指定されるよう国に働きかけていく方針」と発表されたということです。LRTは、バリアフリーや環境にやさしい点など、優れた交通システムです。デザイン的にも、浦安に似合うかもしれません。が、たった17平方キロの浦安市。リゾートエリア限定(モノレールが出来る前)ならともかく、市民の生活道路に導入する意義があるのか。費用対効果の面でも大きな疑問を感じます。どれだけ巨額な税金を投入することになるかなどの情報をまとめてみました。

明日には、刷り上がってくる予定です。今回もボランティアのみなさんの手をお借りして、みなさまのお宅にポスティングさせていただきますので、ぜひ、お読み下さい。