折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

今週のひとこと Vol.103 「穀雨」

一昨日の4月20日は穀雨でした。若い世代では、「穀雨」という言葉自体聞いたことがないという方も多いかもしれません。「穀雨」は、24節気のひとつ。24節気は、1年を春夏秋冬に分け、さらにそれぞれの季節を6等分した最初の日をさします。   暦の最初の日、春のはじまりの日でもある「立春」(2月4日)、霰や雪が雨に変わる「雨水」(2月19日)、巣ごもりしていた虫たちが目覚める「啓蟄」(3月6日)、昼夜の時間が同じになる「春分」(3月21日)、万物が清々しく生まれ変わる「清明」(4月5日)、そして、種まきの準備が終わった田畑に恵みの雨を降らせる節気が「穀雨」です。  昨日もそうでしたが、この季節は時々嵐のような突然の雨風に見舞われます。日本海側で発達した低気圧と、太平洋側から流れ込む暖かな空気がぶつかって、大気が不安定になるためだそうですが、やっかいな突然の雨も「穀雨」だと思うと、ありがたいような気持ちになるものです。  日本の暦には、24節気を更に3つに分けた七十二候や、八十八夜、土用などの雑節など、季節の移り変わりや節目を事細かに知らせるものがあります。折々の小さな自然の変化をとらえ、それを継承しようとしてきた先人たちに、自然とともに生きる者、他の生き物と自然の恵みを共有する者としての謙虚さを感じます。自然を愛し敬い恐れる…環境保護は、日々の暮らしの中で、季節の移り変わりを敏感に感じることから始まるのかもしれない。そんなことを思い出した雨上がりです。
<今週のひとことVol.103 2006.4.22>

さぁいっしょに新聞発行!

さぁいっしょに新聞14号が刷り上がり、早速駅立ちをはじめました。今日は名前も知らない若いお嬢さんから「折本さん応援してます。がんばってください」と声をかけていただき、本当に感激いたしました。いつもポスティングが一通り終わる頃、市民の方からメールが届き始めます。私が配っていない地域の方からのメールが届くと、ポスティング部隊のみなさまへの感謝の気持ちでいっぱいになります。いつも本当にありがとうございます。

福祉交流レクリエーション

東小学校の体育館で行われた福祉交流レクリエーションに参加させていただきました。このイベントは、障がいがある方たちとボランティアの方たちの交流を目的としたもので、毎年行われています。玉入れや大玉転がし輪投げなどでいい汗をかいた後、昼食をはさんでみんなで歌を歌ったり、歌に合わせて体を動かしたり、とても充実した内容で、私もたっぷり楽しませていただきました。外はあいにくの雨でしたが、お日様のように輝く子どもたちの笑顔がとても印象的でした。

今週のひとこと Vol.102 「金メダル」

今週のことば VOL.102 2006.4.12

 先月行われた史上初の国・地域別対抗野球"ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。日本チームが世界初のチャンピオンに輝くという快挙に、国中が歓喜と興奮に包まれました。みなさんのお宅でも、家族でテレビを見ながら代表選手たちに声援を送り、優勝の瞬間にはいっしょに喜び合ったりしたのではないでしょうか。テレビ中継の最高瞬間視聴率(関東地区)は、準決勝終了直前に50.3%、決勝の王監督の胴上げの場面で56.0%を記録。「テレビで応援してくださった方が、日本チームの活躍を観て、またたびたび球場に足を運んでくれたり、子どもたちが野球をやりたいと思うようになってくれるといちばんいい」と優勝後王監督が語っていたそうです。子どもたちが将来に希望を見いだせない時代の中で、今回の日本代表選手の姿は、野球に限らず夢に向かって頑張ることの意味を、たくさんの子どもたちに教えてくれたに違いありません。
 日本チーム優勝の興奮がようやく落ち着き始めた頃、園に素敵なお客さまがいらっしゃいました。ロッテの藤田投手が、WBCの金メダルを園の子どもたちに見せにきてくださったのです。

残念ながら私は同席することがでいませんでしたが、保育士の話によると、子どもたちはもう大興奮!メダルを触らせてもらたり、選手にだきついたり、大変な喜びぶりだったそうです。その後うちの園で大きくなったら「野球選手になりたい」という子どもたちが急激に増加したのは言うまでもありません。
 今の子どもたちが将来に夢を持てないのは、目標にしたい大人が少なくなったことが一因にあると思います。「どんな手段であれお金をたくさん稼げればそれでいい」という価値観が蔓延する中、チームのため、ファンのため、時に母国のためにがんばり、憧れや感謝や誇りなどお金には換えられない報酬を得ることができる野球選手という職業が、とてもきらめいて見えるのは子どもたちだけではないでしょう。職業というものは、お金を稼ぐ手段だけではないことを金メダルの輝きが物語っています。

<今週のひとことVol.102 2006.4.12>

エコフレンドの街づくり勉強会

エコフレンド浦安の街づくり勉強会が日の出公民館でありました。今回の講師は明海大学の教授の長谷川徳之輔先生。浦安に住んではいらっしゃいませんが、12年間通われた昼間市民の視点で、浦安について話してくださいました。
「駅前の複合施設マーレーがオープンし、さぞや駅前の違法駐輪が減るだろうと思ったが、ほとんど状況が変わらなかったのは、住民の意識の低さによるものではないか」というご指摘をいただきましたので、状況を調べてみたいと思います。