折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

今週のひとこと Vol.94 「春待月」

  春夏秋冬、四季がはっきりしている日本では、1年の間に自然の色彩が鮮やかに移り変わります。
  空気までも染めあげるような桜色の春、入道雲をコントラストにした青空色の夏、山々を彩る紅葉色の秋、そして今は、しんと白い雪色の冬。
 "冬の時代"、"景気の底冷え"、"人生の冬"、"凍える心"など、冬の厳しさや寒さは時に、景気や世界情勢、人生のつらさを現す時にも使われます。
 また12月には、「師走」の他に、「苦寒」、「巌月」、「氷月」などの呼び名もあり、まさに厳しい季節の盛りであることを物語っています。
  でも、12月には「春待月」という呼び名もありますよね。
  極しい寒さをじっと耐え忍ぶ冬は、春を待っている季節。冬が過ぎれば、必ず暖かな春がやってくる。つらく悲しい人生の冬の後にもまた、陽光に満ちあふれる春が訪れる。昔の人のそんな前向きな考え方が、この呼び名に現れているように思えます。
 今年は、悲惨な事件や痛ましい事故、災害、政治や社会の腐敗など、悲しく暗いニュースが多かったように思えますが、嘆きの中にあっても春を待つ心を失わないでいたいと思います。
 もうすぐ新しい年が幕を開け、初春月(1月)がやってきます。
<今週のひとことVol.94 2005.12.29>

しめ飾り

保育園も昨日で仕事納め。
今日は朝から掃除をして、玄関にしめ飾りを飾りました。毎年、しめ飾りを飾るたび、「もういくつ寝るとお正月~♪」と指折り数えて待っていた子どもの頃の気持ちが蘇ります。
過ぎてしまった1年を惜しむ気持ちから、新しい年を迎えるワクワクした気持ちへ。そんな心の切り換えボタンが、このしめ飾りなのかもしれません。冬の陽光が紅白の水引きにゆらめく風景は、良き年でありますようにという願いが届きそうな明るさがありました。
今年もお世話になりました。皆さまにとって、新しい年が素晴らしい1年になりますように。良いお年をお迎えください。

議会納め

今年最後の議会が終わりました。
最終日の今日、発議が3件ありました。児童扶養手当て減額に反対するもの、議会制度改革早期実現に関するもの、構造計算偽造事件の再発防止を求めるもの、いずれも国の制度や法律に対する意見書を出すものです。すべて採択され、今年最後の議会は終了となりました。

今週のひとこと Vol.93 「今年の漢字『愛』」

 毎年、12月12日の「漢字の日」に発表される「今年の漢字」。全国公募で選ばれた2005年の漢字は「愛」でしたね。昨年の12月にも「今年の漢字」を今週のひとことコーナーで取り上げ、「災」(2004年)、「虎」(2003年)、「帰」(2002年)、「戦」(2001年)と、選ばれる漢字には明るい字が少ないと書きました。「災い転じて福となす」2005年は、そんな年になってほしいと…。ですから今年、朝刊に載った清水寺貫主森清範氏の筆による「愛」の字を見て、ほっとした気持ちになりました。
 愛を選んだ理由として、紀宮さまのご結婚、「愛・地球博」の成功をはじめ、スポーツ界での"あいちゃん"の活躍(ゴルフ、卓球、バレーボール)、女性天皇・愛子様への期待、純愛ブーム、米国のハリケーンやパキスタン大地震の際の世界的な援助の輪の広がりなど、愛の素晴らしさ、尊さを感じさせる出来事をあげる人が多かったそうです。
  今年の漢字が温かな文字で良かったとほっとした心に、冷たい風が吹き込んで来るような現実があります。残忍な少年犯罪や相次ぐ児童殺傷事件、マンション耐震強度偽造問題などの事件をあげ、愛が不足している時代だからこそ、愛が溢れる社会の訪れを願って、この字を選んだという人も相当数に登るそうです。
 愛は、親子、恋人、友人など、親密な人間関係の中にあるばかりでなく、学校、社会、故郷、地球など、公共心の基本にもあるものです。自分の利益を顧みず、相手を認め理解し、成長や成功、そして幸せを心から願う…そんな広い「愛」の気持ちを、みんなが少しづつ周囲へ向けることができたら…。
  もうすぐクリスマス。愛について考えてみるにはぴったりの季節です。

 
<今週のひとことVol.93 2005.12.19>

一般質問

一般質問を行いました。今回は
1.市の教育について
2.市の財産について
3.防犯情報について、
の3件を質問しました。
詳細はさぁいっしょに新聞でご報告しますね。かいつまんで質問の主旨をご報告すると、
1.市の教育について では、
「教育は人なり」というように教育の多くを担っている教員について、質問を行いました。と申しますのも、現在、公立小中学校の教員は県で採用・配置されていますが、その人事権が将来的に市町村に委譲される動きがあります。そんな中、優秀な人材確保や教員の資質向上のため、市として今から手を打っていかなければならないと思います。先進市では、採用方法や教員の養成システム、独自の人事評価、あるいは市費採用の教員の待遇改善など、すでに取組みをはじめています。たくさんの優秀な人材に「浦安で教えたい」と思っていただくための取組みや、今後の展望などを聞きました。

2.市の財産について では、市の保有する物品に絞って聞いて参りました。というのも、美術品などの管理・活用や、備品消耗品の購入・管理の意識について、大丈夫かなと思うところがあるからです。市の物品、購入金額が5万円以下の物は、消耗品として処理されています。5万円以下のものは、所持台数の確認も課任せということ。適切に管理しているとは、思いますが、ついどこかに貸しっぱなしということもあり得ます。しっかりとした管理体制を求めました。また、市が保有している美術品などは、もっと積極的にリストを公開して、市民のみなさんに鑑賞していただく機会を広げるべきだと思います。

3.防犯情報について ですが、これは連続して起きている児童をターゲットとした痛ましい事件で、不安が高まる中、携帯電話に一斉に不審者情報を流すなど、市で行える情報提供のあり方について聞きました。