折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

今週のひとこと Vol.84 「投票率」


先の総選挙で、生まれてはじめての体験をしました。投票所で25分も並んだのです。人口密度が増していることもあるでしょうが、夕立ちにもめげずに順番を待つ有権者の列は、今回の選挙への関心の高さをもの語っていました。投票率は全国平均67.5%、千葉県は64.6%で全国平均には届かなかったものの、前回選挙に比べ7.8%上昇しました。 これまで、下がる一方の投票率をなんとか上げようと、全国各地の選挙管理委員会はやっきになって、様々なキャンペーンを展開してきました。 選挙キャラクターにタレントを起用したり、宣伝カーを走らせたり、花の種を配ったり…。 どんなキャンペーンも、投票率アップに大きな成果を上げられなかったにもかかわらず、今回の選挙ではこれほどまでの投票率。それは、劇場形だとかマジックだとか揶揄されている選挙であっても、今まで関心のなかった人が、政治への期待をこめて投票所に足を運んだ結果に他ならないのです。 投票率の高さ=政治への期待の高さです。その重さをしっかりと受け止めて、この国の未来への責任を果たしていただきたいと思います。
<今週のひとことVol.84 2005.9.13>

一般質問で聞こと

夏が終わったとは到底思えないような暑さが続く中、2度目のクールビズ議会です。今回も必須アイテムのハンドタオル片手に、質問をして参ります。今回の質問の内容は以下の3件です。
※前回、浦安市の防災用備蓄食糧について質問を行い、賞味期限切れが大量に出る見込みであることを、新聞でご報告しました。それに関して「海外援助物資として使えないか」「ホームレス食糧支援に」というようなご提案をいただいています。実現可能か調査続行中ですので、今回は件名に入っておりません。

1.構造改革特区について
(1)構造改革特区に対する本市の考え方
(2)構造改革特区への取り組みについて

2.総合学習について
(1)総合学習の現状について
(2)総合学習の展望について

3.温暖化対策について
(1)温室効果ガス削減について
(2)アイドリングストップについて
(3)低公害車について構造改革特区に対する本市の考え方