折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

ミニミュンヘン研究会

早稲田大学で行われた2つのシンポジウムに参加しました。午前中は「生ゴミリサイクル交流会」(詳細→今週のことば)、午後からは「ミニミュンヘン研究会」でした。ミニ・ミュンヘンは、夏休みの3週間、ドイツ・ミュンヘンにできる子どもたちの街です。ごっこ遊びの感覚で、政りごとをしたり、働いたりして、独自通貨の賃金を得て、それをその街の中で消費します。遊びながら社会の仕組みを学べるプログラムとして注目を集め、日本でも佐倉や四日市などで開催されています。
ミニ・ミュンヘンでは、一定時間の労働と学習の後で、市民として認められ市民証が発行されます。子どもの頃から、市民となる意味を考えさせるプログラムが、とても興味深く思えました。