折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

今週のひとこと Vol.67 「もったいない」



「もったいない」
グリーンベルト運動でノーベル賞を受賞したケニアの環境副大臣マータイさんと小泉首相との会談の際、この言葉で二人が意気投合し、マータイさんは資源保護運動を推進するキーワードにしたいと言われたそうです。最近新聞記事でも、話題になっていますね。
「もったいない」は実は私の口癖のひとつなんです。「お弁当をお残ししてはもったいないですよ」、「絵の具は最後まで使わないともったいないでしょう」、そんな風に園児たちに言ったり、家でも「水がもったいない」、「電気がもったいない」、「食べ物がもったいない」と、ことあるごとに口にするので、家族から「もったいない病」などと言われています(笑)。
この「もったいない」という言葉の意味は、物の本体を指す「もったい(勿体・物体)」が「ない」ということ。ようするに「モノそのものの値打が生かされず無駄になってしまうのが惜しい」という意味ですよね。その他にも、神仏や人知の及ばないものに対して、「恐れ多い」「ありがたい」という意味もあると思います。

食べると言うことは、万物の命をいただくこと、本当に恐れ多くありがたいと思います。そして水や資源も、また空気も…地球環境そのものが、私たちに与えられた大切な恵みです。ありがたいと感謝しつつ、その価値を活かしてできるかぎり無駄にしないように使わなければと思っています。
「もったいない」と言えば、もうひとつ気になることがあります。それは参政権の放棄、つまり投票に行かない人がどんどん増えてしまっていることです。政治とお金をめぐるスキャンダルが日常茶飯事になり、政治家はもはや夢や希望を託せる存在ではないとも言われています。「一票を投じたい人がいない」ということを投票に行かない理由にしている人も多いでしょう。
でも、だが、しかしです。投票に行かないということは、政治に参加する権利を放棄するということです。ひとりひとりの意志を集めて代表者が選ばれ、その代表が多くの有権者の期待を背負って市の県の国の進むべき道を決めて行く。議会制民主主義の基本にあることです。選挙に行かないことは、「そのものの値打が生かされず無駄になってしまうのが惜しい」、まさに「もったいない」ことだと思います。
明日千葉県知事選挙が告示されます。
<今週のひとことVol.67 2005.2.24>

17年度第一回定例会招集

平成17年第1回定例会が招集されました。今議会では来年度(平成17年度)の浦安市一般会計予算や、安全で安心なまちづくりの推進に関する条例の制定についてなど42件の議案が審議されます。 議案一覧はこちらです 浦安市議会
● 乳幼児医療費助成の対象年齢を就学前まで引き上げる議員発議

乳幼児医療費助成の対象年齢を就学前まで引き上げる発議が、大多数の議員の賛成署名つきで今議会に提出され、可決される見通しです。

今週のひとこと Vol.66 「閉ざされる学校」


またも、小学校内で痛ましい事件が起こってしまいました。子どもを持つ家庭は言うまでもなく、多くの人が強い衝撃を受けたのではないでしょうか。
昭和の終わり頃から、文部科学省(文部省)は「開かれた学校」をキーワードに学校改革を進めてきました。「開かれた学校」は、学校の閉鎖性が指摘される中、家庭や地域住民との交流を深め、地域ぐるみで児童を育成することを目指しているものであり、学校の門を開け放し、不特定多数の人間が自由に出入りできるということではなかったはずです。
ですが、校内で凶悪事件が起こるまで、校門の開放が「開かれた学校」を物理的に証明するシンボルのようにとらえられ、また実際に高い塀をくずしたり、門の周囲の植栽を刈り込んだ学校もあったということです。
池田小学校児童殺傷事件を皮切りに学校の安全管理が課題となり、文科省は、各学校に防犯カメラの設置や学校独自の防犯マニュアル、訓練を導入するよう強く指導してきました。 その結果、全国で94%の学校が何らかの不審者対策をとり、91%が独自の防犯マニュアルを策定したということです。こうして、開け放たれた校門は閉じられることになりました。
そして今回の寝屋川の事件が起きたことで、更に厳重な安全管理が求められ、警備員の配置や警察へのパトロール要請をはじめた自治体も出て来ています。この浦安でも学校の強固な安全管理体制を整備することは火急の課題です。
ただ、「開かれた学校=門が開け放たれた学校」という図式があてはまらないのと同じように、門をしっかりと閉ざしたとしても「閉ざされた学校」にはならないはずです。こんな事件が起きてしまう社会では、学校と家庭や地域との連携がますます大切になるのです。「地域に開かれた学校」であり続けることは、学校の安全管理のためにももっとも有効な対策と言えるではないでしょうか。
<今週のひとことVol.66 2005.2.18>

はじめての緊急情報携帯サービス

明け方の地震で飛び起きた後、「緊急情報携帯サービス」からのメールが来るか来るかと、ワクワクして待っていました。確かに来ました。朝10時過ぎに…。今までなかった情報発信がはじまったことは、とても喜ばしいことですが、もう少しタイムリーに発信できないものなのでしょうか?あるいは、もっと大規模な地震であれば、早いのか…。このあたりの体制を確認しなければと思いました。

インフルエンザ

インフルエンザが猛威をふるっていますね。私の周囲にも、インフルエンザにかかっている方が増えて来ました。私の風邪の予防策は、たっぷりのビタミンCと……「風邪をひかない。ひくわけがない。」と自己暗示をかけること(笑)。今日も朝からはりきって、次の議会の一般質問の通告に行ってまいりました。内容は後日掲載いたします。
皆さまにはお変わりありませんか?インフルエンザの感染防止にはとにかくこまめな手洗いとうがいが効果的とか。お大事になさってくださいね。