折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

仕事納め

多くの会社や役所は、今日が仕事納めですね。1年、お疲れ様でした。私の1年を振り返るとあっという間だったような気もしますが、ひとつひとつの出来事を思い出せば、色々なことがあり、決してあっという間ではなかったのだなと実感しているところです。仕事納めの今日、元気に締めくくりたいと思います。

今週のひとこと Vol.61 「今年の漢字」

財団法人日本漢字能力検定協会が全国公募を行い、毎年末に発表する1年の世相漢字。今年選ばれた漢字は「災」でした。
「災」を選んだ理由には、台風、地震、豪雨、猛暑など、記録的な天災に相次いで見舞われたことをはじめ、イラクでの人質殺害や子どもの殺人事件、美浜原発の蒸気噴出事故、自動車のリコール隠しなど、目を覆うような人災が多発したことが挙げられています。
日本のみならず、地球規模でも「災」という文字があてはまる1年でした。まさにそれを裏付けるようにインドネシアのスマトラ島沖で26日に大地震が発生しました。インド洋津波による死者は、現時点で日本人観光客も含め計2万2000人を上回ると予想されており、20世紀以降で最悪の規模だそうです。
こうした災いの中でも気象災害の多発は地球環境の破壊が影響していると、多くの専門家が警鐘を鳴らしています。「地球の悲鳴」は、いまや「絶叫」に近い切迫感があるように思えます。
地球環境問題はスケールが大き過ぎて、個人レベルでできることはあまりにも微力です。ですが、それを自治体レベル、国レベルにまで広げることができたら。そのためにやらなくてはならないことをこれからもやっていこうと、「清水寺」の森清範貫主の筆による「災」の文字に思いを新たにしました。

「虎」(2003年)、「帰」(2002年)、「戦」(2001年)、「金」(2000年)、「末」(1999年)、「毒」(1998年)、「倒」(1997年)、「食」(1996年)、「震」(1995年)。この10年を振り返ってみても、悲しいかな明るい世相を現す漢字があまりにも少ないですね。
「災い転じて福となす」。来年はそんな年になって欲しいと思います。
良いお年をお迎えください

<今週のひとことVol.61 2004.12.28>

百条委員会

12月議会の最終日に「 企業からの資金提供問題調査特別委員会の設置(いわゆる百条委員会) 」に関する発議があり、14対5で可決されました。第1回目の委員会が今日招集され、今後の委員会の進め方などについて話し合いをしました。
前回の百条委設置審査棄却を求めて市長が知事を提訴しましたが、提訴は棄却され「百条の設置は正当である」と裁定。それがきっかけで設置された今回の百条委ですが、今度こそ市長の真摯な態度を期待したいところです。

今週のひとこと Vol.60 「働くということ」

17日、WAVE101で「仕事探しカフェ」という新しいタイプの就職イベントがあり、ちょっと覗かせていただきました。去年は雇用能力開発機構主催のイベントで、働くことの大切さをテーマにしたミュージカルも観ました。この2,3年、フリーター対策として、この種のイベントが、手を換え品を換え、次から次へと企画されています。
フリーターの数は今や217万人(2003年労働白書)、 更に就職する意志がなく学校にも行っていない若年層無業者「ニート」も52万人(同)と深刻になっています。
こうしたフリーターやニートの増加は、日本の将来に大きな影響をもたらすと、今や国をあげて若者を働かせることに躍起になっています。

「働く」ってどういうことでしょう。
人はいつか自分の足で立って歩んで行かなければなりません。そのために、仕事をして対価を得る。そしてまた、その仕事の中で、自己実現を果たし、社会に還元する。それが働くということだと思うのです。
もちろんフリーター対策も大切でしょう。ですが、子どもの頃からそうした職業意識を育む教育、これに今もっと力を注ぐべきではないでしょうか。大人たちが、自分の「働く」ということの意味を再確認して、子どもたちに伝える。それを教育の現場、家庭、そして社会で実践して行かなくてはいけないと思うのです。
もうすぐ仕事納め。「働く」ということの意味を再確認するいい機会かもしれませんね。今年1年を振り返りながら…。
<今週のひとことVol.60 2004.12.20>

UFRA X'mas Party

UFRAのクリスマスパーティーがありました。市内カントリーダンスの皆さんと、さぁ、いっしょにカントリーダンス(笑)!音楽に合わせてステップを踏むだけなのですが、これがなかなか難しい。2曲でも、汗ばむほどで、なかなかいい運動になるものです。UFRAは浦安在住外国人会で、色々な国の方が所属しており、クリスマスパーティーもインターナショナルでした。