折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

決算認定委員会

2日間にわたり、建設経済常任委員会の平成15年度の決算認定がありました。1日目は、道路・土木工事、交通安全など、建設部が街作りなどに使った予算に対して質疑を行い、2日目は、防犯や環境保全、文化活動などに使った予算について質疑を行ったあと、認定いたしました。2日とも、審議は夜までかかりましたが、血税が正しく有効に使われているかどうかを確認する大切な委員会ですから、質疑にも力が入ります。

定例会の合間に

定例会の合間に、18日には議会の運営について話し合う全員協議会があり、19日には政治倫理委員会がありました。全員協議会では、今後の議会を円滑かつより実りあるものとするため、議員全員で話し合いを行っていますが、意見がなかなかまとまらず、引き続きの協議事項が多々あります。政治倫理委員会は、浦安市政治倫理条例(案)の概要のたたき台ができ、確認作業がはじまりました。

秋祭り

週末は、夢海の街の秋祭り、市民祭りに出かけました。
夢海のお祭りでは、地元民謡歌手・今井由里さんの歌声や和太鼓、ゴスペルの催しがあり、趣向を凝らした模擬店も賑わっていました。市民祭では、露天やフリーマーケット、模擬店の他に、文化会館で市の人権・男女共同参画班主催の映画「ハードル」を観ましたが、たいへん感動しました。子どもから大人まで、たくさんの方にぜひご覧いただきたい作品でした。

うらやす景観フォーラム

Wave101 「うらやす景観フォーラム」がありました。第6回提案競技「美しいまちをつくる、むらをつくる」の表彰式のあと、市民の方によるパネルディスカッション、その後講演がありました。「散歩したくまるまち、浦安の魅力美しさ」というテーマのコンクールに寄せられた写真や、「こんなまちにすみたいな」というテーマで小中学生が描いた絵には、この浦安を愛する気持ちがあふれていました。また、市民の方4名のパネルディスカッションは、この街に実際に暮らしていればこそのリアルな意見が披露され、たいへん興味深い内容でした。

福祉機器フェア

京ビックサイトの福祉機器の展示会に行きました。出展しているブースの数といい、来場者の数といい、とてもスケールの大きな展示会でした。入浴、食事などの生活補助具から、車椅子、車などなど、障害に応じた様々な機器の数々に、産業界の意気込みを感じました。高齢化社会の訪れを違う側面から認識した一日でした。