折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

「新旧の街作り見て歩き・暮らしに息づくふるさとの街の景観作り」

よ~く晴れ渡った夏空の下、「新旧の街作り見て歩き・暮らしに息づくふるさとの街の景観作り」というタイトルのリレー見学会とシンポジウムがありました。まず、バスで市内の新旧を代表するスポットをめぐり、これからどんな風に再開発・開発を行ったらいいか、学識者や市民などに提案を求めるものです。慣れ親しんだ街の開発に、今後どんな提案が出て来るのか楽しみです。それにしても暑い一日でした。

今週のひとこと Vol.45 「猛暑大歓迎?」

<今週のひとことVol.44  2004.07.23>
本当に今年の夏の暑さはどうなっちゃったんでしょう? 20日は千葉の市原市で最高気温40.2度を観測、東京都心では39.8度を上回り観測史上最高を記録したそうです。40度といえばお風呂のお湯くらいの温度です。なにもしていなくても頭がボーッとしてきてしましますね。
暑さの影響で、ビールや飲料、エアコンなど夏物商品の売上が絶好調だそうです。猛暑特需で景況予測を上方修正したり、「猛暑がGDPを0.35%押し上げる」と予測している報道もあります。そんな中 、「猛暑 大歓迎です!!」という見出しの新聞記事を見つけました。「暑さのおかげで電力消費があがり、電力会社の業績が好転。7月は昨年同月比2割増の電力供給量だが、万全の供給体制を整えている」という内容でした。
「猛暑」–消費があがり、景気も上向くとあらば、産業界・経済界には歓迎すべきものなのでしょう。でもこの暑さに、なにか異様なものを感じているのは私だけではないと思います。昔、日本の夏はこれほど暑くなかったですよね。 環境白書によると日本の平均気温はこの100年間で1.0度上昇していて、特に1980年以降の上昇が高いそうです。また、気象庁の予測では、2100年頃の夏の平均気温は、現在より最大約1.5度も上昇し、早朝の気温が25℃以上の地域が関東平野のほぼ全域に広がるとのことです。
地球が温暖化していることが一因であることは否定できない今年の猛暑。それに産業界が浮かれ、そしてまた生産過程で流通で消費でCo2を放出して行く…。電力会社などは供給体制は万全ですなどと言う前に、「猛暑であるからこそ、その原因はなんなのかを考え、電気の使用を控えましょう」と言うべきではないかと思うのです。
京都議定書の中に温暖化ガスの放出の2.5% を「エネルギー需給面の対策や技術革新、
国民の努力で削減 する」とありますが、意識している方はあまり多くはないでしょう。そうですよね。大量に放出している企業の努力がないかぎり、国民の努力を期待するのは難しいのです。
「猛暑 大歓迎です!!」その見出しを眺めながら、暑さにめげず自転車を漕ぎ、熱帯夜をクーラーを使わずにしのいでいる自分の小さな努力が、空しく思えた私でした。

歌のお姉さん

オープニングセレモニーの翌日は記念イベントが行われました。市内在住の歌手今井由里さんの歌のお姉さんショーや忍たまショー、移動動物園なども来ていたので、園バスを運転して、保育園の子どもたちを連れて行きました。夏の空にお姉さんの歌声が涼やかに響いていました。ステージの前はとても暑かったので木陰に移動しましたが、そこまで歌のお兄さん(?)が出張してくれて、いっしょに手遊びをやったりしました。氷のおやつに子どもたちも大喜び。あまりの暑さに忍たまショーはあきらめて、園に帰ってお水遊びをしました。

若潮公園・交通公園オープン

しばらく工事中だったのは、みなさんご存知ですよね。美浜の若潮公園・交通公園がリニューアルオープンしました。20日の火曜日はオープニングセレモニーがあり、テープカットのあと施設を見学しました。カブトムシやクワガタムシなどの昆虫類や魚類、は虫類などを季節ごとに展示するコーナーや、雨の日でもウサギやモルモットなどと触れ合うことができたり、マーモセットを間近で見ることのできる動物ふれあい室、ホタルをはじめいろいろな生き物が生活する川辺を再現した自然観察室など、たいへんぜいたくな施設です。

今川祭


保育園の地元である今川の夏祭りがありました。手作りの模擬店や子どもたち向けのゲーム、講談やジャズ演奏、お囃子などもあり大盛況でした。私は司会担当でした。みなさんといっしょにお祭りに参加していると、こうした催しが地域コミュニティー作りに果たす役割は大きいと実感できます。親睦や交流を通じて、地域の方々が自然と顔見知りになり、同じ街に住んでいる(又は働いている)人の輪が繋がって行くのです。今「安心・安全の街づくり」がテーマになっていますが、そのためには地域コミュニティーの確立が基本にあってこそだと思います。