折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

6月議会の一般質問

6月議会の一般質問の通告をしてきました。
前回から1問1答形式が導入され、おまけに質問・答弁あわせて60分の時間制限も設けられ、非常に慌しく、また全ての項目を質問できなかった反省を踏まえ、今回は「教育と子育て支援」にテーマをしぼって質問を行うことにしました。

通告内容は、以下の通りです。質問順は3番目になりましたので、21日月曜の最終か、22日火曜日の午前に登壇する予定です。確定次第お知らせいたします。



1.浦安市教育ビジョン策定事業について

(1)進捗状況について
(2)策定事業検討委員会の答申について
(3)今後の計画について

「市は、浦安のこどもたちをどう育てようとしているのか、各校の教育方針はあっても、市全体としてのビジョン・理念がないことは問題。また、それをどのように達成して行くのか、独自の計画が必要なのではないか」。一期目から、私はこの疑問を何度も市にぶつけてきました。そして、一昨年9月議会で、黒田教育長より、「ビジョンも含めた教育基本計画を策定して行く必要がある」という回答をいただき、「浦安市教育ビジョン策定事業」がすすめられています。

その進捗状況や内容などを聞きます。


2.浦安市就学前保育(教育)カリキュラムについて

(1) 浦安市就学前保育(教育)カリキュラムの実践状況について
(2)浦安市教育ビジョンとの関連について

浦安市教育ビジョン策定に先駆け、市では、浦安市就学前保育(教育)カリキュラムを発表しました。0歳児から、就学直前のこどもたちが、どのように育っているかべきかの指針を出し、そのために保育園・幼稚園などで行うべき活動などが明記されています。

その実践状況と、教育ビジョンの前に手法であるカリキュラムが策定されていることから、どう連携をとっていくのかなどを聞きます。


3.待機児童解消について

(1)待機児童の推移と現状
(2)待機児童解消の見通し
(3)待機児童解消の具体的施策

浦安のなかなか解決しない課題のひとつに、待機児童問題があります。
共働き家庭が多い中、こどもを安心して預けられる場所の確保は、子育て支援の基本中の基本ではないかと思います。解消の見通しや具体的施策などについて、聞いてみたいと思います。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA