折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

1年1度の感謝の日

夕暮れ時、花屋さんの店先がたいそう賑わっています。そうでした、今日は母の日でした。
きれいにラッピングされた色とりどりの花の前で、どれにしようかと迷っている様子の女の子。「どうもありがとう」と喜ぶお母さんの笑顔を思い描いているのでしょう、眼差しは真剣そのものです。

5月の第二週の日曜日を「母の日」とし、カーネーションを贈ってお母さんに感謝の気持ちを伝える風習が日本に上陸したのは、戦後のこと。1949年ころといわれています。もともとは、1907年、アメリカの教師アンナ・ジャービスが、亡き母を偲んで教会で記念会を開き、白いカーネーションを贈ったのがはじまりなのだそうです。
彼女と、彼女の母を思う気持ちに感動した周囲の人が、「母の日」を制定して国中で祝うことを提案し、アメリカ国内をはじめ、周辺国にも広まりました。そして、1914年に「5月の第2日曜日をMother’s Day とする」宣言に、当時のウッドロー・ウィルソン大統領が署名。アメリカの正式な祝日なったということ。

カーネーションの花ことばは、赤が「愛を信じる」、白が「私の愛情は生きている」、ピンクが「熱愛」だとか、まさに愛の花ですね。

いつも「当たり前」に与え、受け取られている「母の愛」。1年に1度くらい、感謝していただいても、バチは当たりませんよね?よね? ということで、こどもたちに何をねだろうかと、思案している私です。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA