折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

開かれた議会とは…


本日の本会議でのこと。
議案4件の採決の後、請願5件の採決が行われました。

請願2号・市議会本会議の土・日・休日開催に関する請願
請願3号・議会および各委員会の傍聴人に対する資料提供に関する請願
請願4号・委員会に於ける委員の発言回数・時間の制限に関する請願
請願5号・常任委員会の動画記録の公開に関する請願
請願6号・日本政府が核兵器廃絶へのイニシアティブを一層発揮することを求める意見書に関する請願

以上5件すべて「不採択とすべきもの」になりました。

2~5は、すべて議会運営に関する請願で、その内容はどれをとっても、実際に議会の傍聴席にいらしたり、あるいはこれから傍聴を希望する市民の方々にとって、至極もっともなことではないかと思います。

せっかく、議会ではどんなことをしているのかと関心を持って来てくださっても、資料もなしにただ話を聞くのではなかなか理解するのは困難です。また、平日の昼間では傍聴できない市民の方々のために、土・日・休日あるいは夜間の議会開催も、市政に関心を持っていただくきっかけになるでしょう。それこそ、休日の公園で青空議会を開催するとか、公民館や学校の講堂で出張議会をやってもいいのでは、と思うくらいです。

ただ、これら請願は賛成少数で採択されませんでした。賛成したのは、私たち、会派「明日のうらやす」2人を含む6人です。
「我々議員がこれから議会改革の特別委員会を作って、そうしたことに関して話し合おうとしているところだから」というのが、主な反対の理由のだったようです。

私たち議員は市民の方々の付託を受けて議会に臨んでいます。市民の方が、より「開かれた議会」を求めて、声をあげてくださることは、議員にとってありがたいことにほかなりません。

現在、100以上の議会が、「議会基本条例」を視野に議会改革に取り組んでいるというデータがあります。昨年度の数値なので、もっと増えているかもしれません。開かれた議会に向けて、私たち浦安市議会も、具体的な行動をはじめる時だと思います。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA