折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

通学路の信号機要望の調査結果

昨年この街角市制相談コーナーに掲載した、舞浜小学校の通学路(→記事)と、日の出小学校の通学路(→記事)の信号設置のご相談。民主党の矢崎県議を通じて警察に話をしていただいていましたが、先日、現地調査の結果が出たそうです。

回答文書(写真)には、以下のように書かれています(以下矢崎県議のブログより転載)。

* * * * * * * * * *

【舞浜の信号】
現地調査を行った結果、車両の交通量及び横断歩行者等が少ないこと等から、現時点における信号機設置の必要性は低いものと考えます。
 今後、周辺環境や交通環境の変化等があれば、再度検討したいと思います。


【日の出の信号】
現地調査を行った結果、横断利用者は多いものの、車両の交通量が少ないことや直線道路で見通しが良いなど、安全は確保されているものと思われることから、信号機設置の必要性は低いと考えます。
 今後、周辺環境や交通実態の変化等があれば改めて検討したいと思います。


* * * * * * * * * *

矢崎さんのブログによると、県全体の信号要望は1,100件あり、今年度中に設置できるのは、わずか90基程度だそうです。

予算に限りがあるなか、優先順位をつけるのは、仕方がないものの、毎日こどもたちが通る道です。不正経理を再発しないことは、もちろんのことですが、県の予算の無駄を省き、暮らしの安心・安全を守る施策に、力を入れるよう、私からも要望していきたいと思います。


コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA