折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

身近な大人の仕事の話・・・日の出中キャリア教育

日の出中学校の1年生を対象にした、キャリア教育の授業を参観させていただきました。
講師となるのは保護者の方々。身近な大人が直接「自分の仕事」について語りかけることで、生徒たちに働く意義や喜びを見出すきっかけを与えようという取り組みです。

今回は、4人の保護者(航空業界、保険業界、広告業界、都市再生機構)の方がキャリア授業を担当。ご自分の仕事を疑似体験させるなど、たいへん工夫された授業を行っていました。
「街づくり」をテーマにした授業では、自分たちが生活している新町のいいところ悪いところなど、中学生目線のするどい意見が活発に出され、私も思わず身を乗り出して見てしまいました。

職業観が薄れ、将来の夢を見出せない若者が増えていることが、社会的な問題になっています。その一因として、身近なところで、働く大人の姿が見えなくなったことがあげられています。

身近なお父さんの授業は、職業観の育みに大いに役立つことでしょう。今後の活動にも注目させていただきたいと思います。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA