折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

街角市政相談—商業施設の駐輪場の自転車を整理して!

商業施設の駐輪場の自転車を整理して!
市民の方からのご相談です。
浦安駅前の商業施設の駐輪場の自転車があふれかえっていて、通行もままならないとのこと。この駐輪場は24時間空いているため、通勤客などが自転車を停めてしまっているようです。

実際に現場に行ってみましたが、写真のようにひどい状況でした。どうみても収容可能な台数を超える自転車が、止められていて、中にはカゴいっぱいにゴミが入れられていたり、埃だらけだったり、放置自転車としか思えないものも。この駐輪場は、駅の裏に抜ける通路ですが、整理されていない自転車がはみ出して、通るのもやっとといった状況でした。

担当課に話を聞いたところ、この問題について認識しており、商業施設に対しては、自転車の整理などをお願いしているとのこと。他のことでも言えることなのですが、「お願い」をして終了ではなく、それが実行されてはじめて、解決する訳ですから、現地などに足を運ぶなどして、粘り強く交渉をすべきだと思います。

新浦安でも、以前商業施設の駐輪場が、通勤に使用され自転車であふれかえっていました。自転車整理の人員を配置し、駐輪場の開場時間を商業施設の営業時間に合わせ、コイン式ラックなどを導入した結果、その状況が改善されています。なぜ、そうした事例を次に生かすことができないのでしょうか…。

いずれにしても、商業施設の駐輪場を整理したところで、駅前の駐輪問題は、解決する訳ではありません。なぜ、商業施設の駐輪場や路上への駐輪が発生するのか、それを発生させないためには、どうしたらいいのか考えていかなければ、なりません。この問題の原因を、市民のモラルや商業施設の対応だけに押し付けていては、抜本的な解決は難しいような気がします。

コメント一覧

  1. 折本ひとみ より:

    syncさま

    詳細な検証と提言をありがとうございます。
    おっしゃる通り
    「指導に強制力がないと及び腰でそのことが常態化している」
    と私も思います。

    syncさまのご提言のように、解決策や、交渉の糸口を見つけて、
    粘り強く交渉していかなければなりません。

    ご意見を参考に取り組んでまいります。

  2. sync より:

    折本さま

    駅前の商業施設の駐輪問題に関連し、浦安市魚市場の駐車のあり方も同様にご検討頂きたい。

    駅周辺の違法駐車/駐輪の範囲が広がり、浦安市魚市場の駐車場でも無断駐輪(バイク)が発生しており、市場事務局へ赴きました。それというのも、該当車両が場所、時間を代えて駅周辺に違法駐輪しているので、本日は当駐車場に駐輪しているのが見て取れたので、警察に報告して貰いたいとお願いしたところ、事務局から以下の回答を得ました。

    「組合員か一般利用者が調べている暇がない」
    「そんなこと言ったら、そこいら駐車だらけだろ」

    とおおよそ遺法駐車/駐輪している方と同等のお考えのようです(そのため容認しているとのこと)。特に、第一土日の売り出しなどでは県道バイパス、周辺の市道/歩道は違法駐車を管理する側でもあるのに、警察の取り締まりも非常にあまいことをいいことに、まるで他人事のようです。古い名所、小規模店舗、地域産業の名の下で良かった商売も、自ら働きかけをしなければ、地域に親しまれず根付かずに衰退していく一途で、現在の姿に照らし合せても自明の理です。
    駅前商業施設や地下鉄利用者も当駐車場を無断使用しているようです。それこそコイン式駐車場を整備するなどすれば、自施設利用者のサービスとともに収入の機会が増えるのではないでしょうか。

    本日、火事が発生し、一刻も早く、しかも、被害が広がらないよう多くの緊急自動車が駆けつけるのを目の当たりにし、旧市街地での整備の大切さ(遺法駐車/駐輪対策もその一つ)を痛感致しました。
    今回の件は一市民として意識が欠如し、無責任な対応でしたので、担当行政(窓口)だけでなく、警察、商工会議所、自治会からもその運営姿勢から正すようにご指導願いたい。

  3. sync より:

    折本さま

    猫実川暗渠部分の違法駐輪に関連し、私自身もその当時から浦安駅前商業施設の駐輪場の指摘を致しておりました。市交通安全課も駅前違法駐輪問題の一因として長らく認識していたようですが、指導に強制力がないと及び腰でそのことが常態化しているようです。

    そこで、通り一遍に言われたことしか対応していないか、あるいは、総合的な問題解決に向けて、何を交渉し、どんな施策を打ったのか事細かにご検証頂きたい。思いつくところを以下に列挙してみました。

    ① コインラック式の導入による好事例。これは新浦安駅だけでなく、浦安駅反対に位置する小規模スーパーでも実施/導入済み(最大35台、放置車両無し)。JR本八幡の同系列商業施設は実施/導入済み。同店が実施/導入できない理由は。

    ② 店舗周辺の違法駐輪を市係員が対応。違法駐輪には店舗利用者が含まれているのに、専任の係員を配置していない。市管理、店舗管理の境界線が曖昧なことをいいことに、機動的に案内や撤去をするのを怠っているのではないか。道義的に責任は無いのか。

    ③ 明らかに店舗利用者を越える自転車台数。駐輪1台を1人頭として、同時刻に店舗内に滞在しているとしたら、防火管理上問題ないのか。指定駐輪場だけでなく、違法駐輪を含めると適切な管理を行っているといえるのか。

    ④ 駐車場、駐輪場ともに営団地下鉄の所有。他の駅では高架下に自治体が駐輪場を整備していたりする。高度/効率的な利用が見込めないようだったら、営団にも交渉すべき(多くの地下鉄利用者の使用が見込め、利便性と収益性が見込める)。そもそも、貸借の利用目的から外れ、管理が行き届いておらず、営団から店舗にも指導されてもしかるべきではないか。

    ⑤ 非効率な駐車場管理(有人管理)。一部の専用駐車場の使用中止しており、車客が敬遠する一因にも(今後、用地確保がほぼ無理)。自転車を整理すれば、自動車1台分でも拡張可能。

  4. 折本ひとみ より:

    syncさま

    コメントをありがとうございます。
    syncのように、
    市内の違法駐輪で、市民の方が自ら動いてくださっている事実を、
    当局も警察も重く受け止める必要があると思います。

    現実に、違法駐輪があり、困っている市民の方があり、また危険な状況でもある訳です。
    管轄がどうのと言っている事態ではなく、
    「よくぞ、お知らせくださいました」と感謝して、
    すぐに動く行政に改革していかなければならないと思います。
    そうした仕事の仕方の方が、
    きっと職員のみなさんもやりがいを持って働けるはずだと信じています。

    この記事にある、浦安駅前商業施設の駐輪場も、いまだ改善されていません。
    再度、進捗を確認してきます。

  5. sync より:

    2度目の市長選出馬とお伺いしてこちらの公式サイトまで辿りつきました。
    私自身も同様な問題として、猫背側暗渠部分の違法駐輪について市交通安全課、浦安警察署とのやり取りで辟易としました。市条例では自転車、および、原付自転車が駐輪制限対象のため、原付以上の2輪車は取り締まりにならず、警察に協力していると言われました。しかし、浦安駅前交番に再三注意しても、それは市の仕事、あまり厳しくもできない、市が用意しないのが悪いという具合でその都度言うことが変わり、何の説得力も無いままでした(この不誠実な対応については県公安委員会に報告)。結局、最終的に返答されたことは、あそこは道路じゃない、道交法以外の仕事は致しませんとの回答でした。再度、市交通安全課に浦安警察署の言い分と浦安警察署には協力姿勢が無いことを伝えました。そして、ようやく市交通安全課と浦安警察署と会合を持たれたようですが、それは折本さんがこの問題を掲示された同時期か数ヶ月前の話です。今なお、改善された状況ではなく、係員が自転車、原付は注意の札を取り付けても、原付以上の2輪車は手付かずのまま、ほぼ黙認のまま駐車し放題です。
    一方、雨が降った日、特に、前日から雪が降ると予想される日には違法駐輪どころか何ひとつ置き去りにされるものはありません。市民の方が代替輸送に替えられ、そのことで駅前が混乱したとか鉄道のダイアに影響したとかも聞いたことはありません。これは決意表明中に示された、「何かをしてもらう」ことなく、改善可能な問題であるという好事例かと思います。
    是非、マニュフェスト、あるいは、市議としての活動で取り上げて頂きたく投稿致しました。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA