折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

街角市政相談・浦安駅の灰皿

浦安駅の灰皿

議会報告「さぁ、いっしょに!新聞」を、東京メトロ東西線の浦安駅で配布した時のことです。

いつも駅で会う方が、「見てほしいものがある」と、交番横のプランターを指さしました。

プランターの花、その周辺に無数の吸い殻が捨ててあります。タクシー乗り場の屋根付きベンチのところにあった灰皿がなくなり、交番右前に喫煙所が設置されたことで、周辺に吸い殻のポイ捨てが増えて困っているというのです。そんな社会を悲しむかのように、プランターの花もしおれて、うなだれていました。

道路管理課に聞いたところ、駅ロータリーの整備を検討しているので、吸い殻のポイ捨ての問題も含めて考えたい、ということでした。

吸い殻のポイ捨てといい、危険な歩行喫煙といい、喫煙マナーを向上する手立ては、もはや禁煙区域を設定し、罰則付き条例を導入するしかないのでしょうか。

コメント一覧

  1. れんこん より:

    順天堂病院浦安の前のバス停が 喫煙者達の無法地帯と化しています。私は患者の一人で肺を患っています。いつも病院へ行くたびに 4から5人くらい禁煙という看板の下であるいはバス停のガードレールにすわりながらタバコをすっています。一度市役所にも電話したのですが 順天堂には言ってあるのですが.... という返答で順天堂に押し付けている感じがしました。あそこは路上なので市役所の管轄だと思います。せめてガードレールに禁煙の札を立ててください。市役所の方は道路の上に禁煙マークがあるということで取り合ってくれません。よろしくお願いします。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA