折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

街角市政相談・境川護岸の落書き

境川護岸の落書き

ガードレールのこと(下の記事)を教えてくださった方と同じ方からのご相談です。

境川に架かる入船橋の下の左右に長いこと落書きがあり、放置されているとのこと。現場を確認した後、市の環境レンジャーに伝えました。護岸の管理者である千葉県に、早急に消すよう連絡するとのことでした。




あれから、かれこれ一ヶ月、確認しに行ってみたら…。
ちょっと!消えてませんよ!落書き!
もう一度、要望を出して来ます。

県は、とかく動きが遅い。「県が動くのを待つ」は市町村の永遠のテーマなのでしょうかね。


第一話最終確認

コメント一覧

  1. 六平太 より:

    最近(2011年10月)境川の高洲橋から下流の護岸(高洲側は明美橋まで)に手すりがつきましたが、階段が塞がれてしまい、川に降りられなくなってしまいました。
    ここの川岸は釣り人も多く、近所の自治会でもハゼ釣り大会を開催している場所なのに、なぜ川に降りられなくしてしまうのでしょうか。また、高洲橋より上流と潮音側には手すりはないため、自由に川に降りることができるので、危険防止のためとは思えません。何故このようなことをするのでしょうか。

  2. 折本ひとみ より:

    茉莉花様

    はじめてのコメントありがとうございます。
    関係部署に現状認識や対策などを聞いてみます。

    「市役所に電話しても、そのたびに対応する課が変わる」これは本当に良くないですね。「お役所仕事」の典型だと思います。

    私のところにお寄せいただく市民相談の多くは「どこへ相談したら良いかわからない」という方が実に多いのです。「こういう相談のときは、ここ!」と市民目線で相談窓口を明確化する必要性を感じます。

    結果は、追って街角市民相談のコーナーでご報告させていただきます。

  3. 茉莉花 より:

    はじめてコメントさせていただきます。
    (古い記事へのコメントなので、読んでいただけるか心配ですが・・・)

    護岸の管理は「千葉県」となっているからか、市の護岸環境に対する意識は低いように思えます。

    実は、旧江戸川でのロケット花火や爆竹騒音に大変困ってます。メディアでも話題になってますが、浦安にも「花火族」っているんですね。現在、富士見3丁目の旧江戸川の河川敷きは立ち入り禁止ですが、フェンスを壊して入り込み、爆竹等の迷惑行為をする人が連日後を絶ちません。深夜2時ごろに鳴り響く爆竹音を想像してみてください!深夜のみならず、昼間からうるさい時もあるのです!
    市役所に電話しても、そのたびに対応する課が変わるし、「千葉県には伝えます」との心細い返事ばかりです。市役所、千葉県、警察・・・、どこにお願いしても全く改善が見られないのです。

    今朝の折り込み広告で、このHPを知りました。境川の落書きにも対応されていることを知り、コメントさせていただきました。(でも、全体的に「新浦安地域」中心ですね。富士見住民としては、少しさみしいです。)
    上記について、何か働きかけをしていただけると嬉しいです。
    これからもご活躍お祈りしております。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA