折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

街角市政相談・京葉線よなぜ止まる

京葉線よなぜ止まる

度重なる京葉線の運行停止に、このブログにもメッセージをよせていただいていますし、メールや街角などでも、「どうにかならないのか」という声を聞いています。

2006年9月の東京駅の変電所火災で大混乱が起きたとき、「危機管理」という記事(→記事を読む)にも書きましたが、どうも当局の危機意識が低いような気がしています(市長が掲げたLRTの運行は、京葉線停止の抜本的な対策にはならないと私は考えています)。

公共交通は、市民の暮らしの大事な要素です。安定して走行するために、なにか対策はないのかと、思っています。そこで、なぜここ数年、運行停止が多いのか、新浦安駅の駅長さんに話を聞きに行きました。

「風に弱い京葉線」と言われている。なぜ、頻繁に止まるのか。
2005年のJR羽越本線脱線事故(突風による脱線で死者5名、負傷者32名を出した)を教訓に、乗客の安全を第一に、暴風による運転基準が改訂された。
改定前→風速30mで徐行  風速35mで運休
改定後→風速20mで徐行  風速25mで運休

また、風力計も増設。風力計が1つでも基準風速を超えると、徐行や運休などをしなければならない。


暴風対策は?
京葉線はいち早く「強風警報システム」を取り入れているため、システムを入れていない線と比較すると、運転再開が早くできる。

また、風防実験を行っており、徐行や運休の基準の風速を改定できないか検討を行っている。

更に、橋梁部分6か所の海側に暴風柵の設置を行ったが、その増設も検討している。


ということでした。
行政としても、積極的にJRに働きかけ、安定運行を要望すべきだと思います。これについては、議会でも取り上げていきたいと思います。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA