折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

良いお年をお迎えください。

「気付かなかった」ことにした箇所はあるものの大掃除も終わり、先日魚市場の生花店で、大大大サービスをしていただいたお正月のお花を飾って、新年を迎える準備が整いました。

昨年4月、皆さまのお力で戻していただいた市議会。二年目となった今年は、浦安市政への不信を更に多く感じた1年になりました。市は、市民に何かを「してあげる」存在ではありません。そしてまた、市民は、市からなにかを「してもらう」存在でもないのです。これは国においても同じことだと思います。私たち市民・国民から集めたものを、将来も視野に置いた公共の利益にのっとって、公正に無駄なく分配することこそ、政がなすべきこと。それは、選挙に勝つためのばらまきとは、全く違うものであるはずです。
日本の政治は、いつからこんなにゆがんでしまったのか…。思いを巡らせることもなにかと多い1年だったように思えます。

私もその中でもがきつつ、前へ前へと前進していかなければならないと、改めて己に誓った年になりました。

今年一年ポスティングなどで活動を支えてくださった皆さまをはじめ、街角やメール、お電話などで、ご意見や相談、励ましをくださった皆さま、出会った方々に感謝しつつ、2008年を送りたいと思います。

今年も1年ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA