折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

老人クラブ会員芸能交流会と「あさりごはん」

「老人」という言葉は、到底似つかわしくない。そんな印象をもった発表会でした。

お昼を挟んで、31演目。
コーラスあり、民謡あり、舞踊あり、幕が上がるごとに次々と披露される演技に、感嘆一頻りです。しかも最終演目はなんと、よさこいソーランではありませんか。若者に引けを取らない力強い踊りに、客席は圧倒されていました。

それにしても、皆さんお若くてお元気。
私たち現役も頑張れ、とお尻を叩かれた感じです。

お昼休憩には、文化会館名物すてんぱれの「あさりごはん」をいただきました。前回売り切れだったので、今日はラッキーでした。

以下に、プログラムに載っていた老人クラブ会員憲章をご紹介します。

  一 私達は、老後の生活を健全で豊かなものにし、
    生きがいを高めましょう。

  一 私達は、好かれる老人、話せる老人、役立つ老人に
    なるよう努めましょう。

  一 私達は、寝不足、運動不足、食べすぎなど止めて、
    達者で長生きしましょう。

  一 私達は、明るく、朗らかに、仲良く、楽しく交わり、
    老いの孤独を避けましょう。

  一 私達は、クラブの運営を魅力あるものにし、
    全員参加を果たしましょう。

文中の「老人」を「人」に替え、「老後」や「老い」の言葉を除けば、どの世代にも通じる呼びかけになると思いませんか。
「明るく朗らか楽しく交わり」、「他者を理解(話せる)し、役に立ち」、「寝不足、運動不足、食べすぎをやめる」…。はい。見習って行きたいと思います。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA