折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

第三回 議会活性化特別委員会

先日この記事(→「「議会活性化特別委員会」)でご報告しましたが、先の6月議会で「議会活性化特別委員会」が設置され、本日の第三回委員会が開かれました。

今回の委員会では、
(1) 一般質問のあり方について
(2) 予算・決算の審査のあり方について
以上のふたつの事項について話し合いを行いました。

一般質問のあり方について、傍聴された経験のある方なら、改善の必要性を感じていらっしゃることと思います。とにもかくにもわかりにくいのです。現在、浦安市議会の一般質問には、「一人の持ち時間40分。質問回数は5回まで」という制約があります。そのため質問者は、1回ごとに、何件かの件名に応じた質問をまとめて聞き、それに対し当局がまとめて答弁を返してくるという形式で進められています。当局の答弁はほとんどの場合、担当部局ごとに返ってくるため、質問順に答えが返ってこないケースも多く、どの質問に対する答弁なのか、整理して理解するのが非常に大変です。議員になった当初は、質問している当人である私自身も、混乱してしまいました。

ましてや、傍聴席で資料もなく、質問のかたまりと答弁のかたまりをほどいて理解するのは困難極まりないことです。

そこで、私たちの会派・明日のうらやすは、現在のやり方に加え、「一問一答方式」を併用することを主張しました。「一問一答」を取り入れることは、「一般質問をわかりやすくする」という点で非常に効果的だと考えています。

しかし、「一問一答」を取り入れることは、委員会の同意を得たものの、併せて時間制限も変更になってしまいました。質問と答弁と両方あわせて「一時間」という制限がつけられたのです。私たちの会派は、「40分の質疑時間を確保し、質問回数を撤廃することで一問一答が併用できる」ことを強く主張しましたが、9人の委員の内、7人までもが「一時間」制限に賛成、という結果でした。

今までは、40分の質問時間が確保されていました。質問と答弁との往復で一時間となると、答弁時間如何で質問に割ける時間が変わってくるわけですから、質問の組み立てにも非常に影響します。答弁が長々と続けば、用意していた質問をすべて終えることなく、タイムアウトになることを議会自ら選択してしまったのです。
更に、決算認定委員会の質疑にも、一般質問と同様の制限がかけられることとなりました。

これはいったいどうしたことでしょうか。
この委員会は、議会を「活性化」するための委員会です。議員の権利に制限をかけていくことが活性化なのでしょうか。議会改革とは程遠い、後退の道を歩んでいるとしか思えません。

今回も、この議会活性化特別委員会にたくさんの市民の方の傍聴がありました。全国的な議会改革の流れを背景に、浦安市議会にもその機運が現れたことに期待して、この委員会に関心が寄せられているのです。

しかし、議会改革どころか、活性化に向けた道すら、遥かに遠いと言わざるを得ないことに憤りを感じたのは私だけではないと思います。
何のための委員会なのか、そして何のための市議会なのか、もう一度真摯に見直す必要があるのではないかと、強く感じています。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA