折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

砂時計

文化会館まで演奏会に行ってきました。砂時計の砂が少しずつ積もっていくように、いつの日か、成果が報われることを信じて、声楽の勉強を続けているサークルのコンサートです。

 先にいただいたご案内には、「確実に老いていますが、もうちょっと、やってみようと思っています。」と添えられていましたが、なんのなんの。変わらぬ素晴らしい声を披露してくださいました。舞台に立って歌われる姿からはお一人お一人の人生、年輪が感じられ、味わい深いものでした。風邪や花粉症に悩まされるこの季節。練習量も相当でしょうが、演奏会までの健康管理は本当に大変だったと思います。

プログラムの最後は、滝廉太郎作曲の「花」。客席も一緒になって大合唱するのが「砂時計」演奏会の定番です。私も声を合わせて唄い、すがすがしい気持ちで会場を後にしました。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA