折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

皆さまのご期待を胸に

1週間応援隊の皆さんと全力で駆け抜け、昨夜は、静かな気持ちで開票を見守りました。「トップ当選。6,798票。」と知った時は、本当に信じられない気持ちでした。昨年の市長選の結果にたくさんの方から寄せられた、疑問、怒り、嘆きを届けるためにも、ぜひともトップ当選を果たしたいと臨んだ市議選ですが、これほどの得票をいただけたことに、浦安に清潔で公正な市政を望む声の強さを感じました。

今回も、4年前に市議になった当初から、議会報告のポスティングなどで、私の活動を支えてくださっているボランティアの応援隊の方々が、手作りの応援活動を展開してくださいました。懸命に「折本ひとみを市政に!」と、最後の最後まで声を枯らして私の想いを訴え続けてくださいました。応援隊のみなさんのお力なくしては、これほどの結果を得ることはなかったと思います。

今朝は、新浦安駅で、当選の御礼をさせていただきました。たくさんの方が、握手をしてくださったり、お声をかけてくださったり、目で合図を送ってくださり、選挙戦の疲れも吹き飛ぶほどの元気をいただきました。
それと同時に、6,798のご期待が実感となり、市政に真っ直ぐ向き合い、公正・公平な市政を実現しなければならないとの想いが更に熱くなりました。

たくさんの皆さまのご期待を胸に、市政を厳しく問い正して参ります。
今後ともご支援いただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント一覧

  1. 折本ひとみ より:

    ふじみ様

    コメントありがとうございます。
    おっしゃる通り、浦安市は情報発信のあり方に不親切な点が多いと認識しています。これについては、一期目から、議会の場で要望をし続け、ホームページのリニューアルや情報公開項目の充実など、ある程度改善されてきていると思います。ただ、まだ不十分。引き続き指摘して行きたいと思います。(ちなみに浦安の議員定数は21人です。上位21人が当選しています)

    さて、「そもそも市議の仕事はなんだろう」というお尋ねですが、日本の地方自治体は、憲法により「二元代表制」民主主義をとっており、どちらも選挙で直接市民に選ばれます。
    代表のひとつは首長、もうひとつが議会ですね。
    首長は、行政を率いて必要な施策を実行する「執行機関」であり、議会はその施策が本当に必要か、公平か、市民の利益に叶っているかなどを審議し可決又は否決する「議決機関」です。更に不正なく行われているかなどもチェックします。

    全ての施策を市民投票等で決めるのは不可能ですから、市民を代表する議員がそれを行っているのです。地方議会不要論なども、あるようですが、
    議会がなければ、首長が自由に施策を実行出来てしまう訳ですから、公平性が保てない可能性や、不正がチェックできなくなってしまうことから、議会は民主主義の要とも言われています。

    自分の政策などは、一般質問の場で、その施策の必要性を訴え、提案・要望して行きます。市民のみなさんから相談を受け、その声を行政に届けるなどは、日常的にあります。

    ほとんどの議員は、議会報告やホームページ等で、活動の詳細や市政情報を発信していくと思います。興味を持って、目を通していただけると、どんなことをしているのか、よりくわしくおわかりいただけるのではないかと思います。

  2. ふじみ より:

    富士見に住んでいる者です。
    今朝は舞浜駅で挨拶されてましたね。
    朝は急いでいるのでなかなか声かけられません。

    ちょっとトップ当選の折本さんにお願いしたいことです。

    今回、市議選の結果はどこで確認できるのか分からなかったです。
    市役所のHPで投票結果は確認できたので、折本さんがトップ当選だと言うのは分かりましたが・・。
    そもそも何人が合格するのかも分からなくて、不親切だと思いました。

    それからそもそも市議の仕事ってなんだろう、って思ったりしてます。
    市では19年度の計画がかなり詳細にUPされています。
    あれを実行するのは市役所の方々だと思うのですが、それじゃ市議って何するの?って思っちゃいました。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA