折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

環境モデル都市・飯田

CA3H03900001.jpg
二日目の視察は飯田市です。

豊橋発の特急伊那路で天竜川を遡り、トンネルをいくつもくぐり抜けて、環境モデル都市・飯田に到着。


飯田市は、日本の中央に位置し、東西を南アルプスと中央アルプスに挟まれた谷地形で、市域の84%が森林。
「飯田」の由来は、茅葺き屋根を「結う」からきているそうです。茅葺きは共同作業で、土地も限られたところを仲良く使うという、昔からみんなで助けあって生きる文化が飯田にはあるということを、地球温暖化対策課の方が誇らしげに説明してくださいました。

そんな飯田市は、15年も前から環境文化都市をめざしています。環境省から環境モデル都市に選ばれたのは、公民協働の自然エネルギー利用の取り組みが認められたからということでした。

ここでは年間日照時間が2000時間を超えるという利点を活かし、「おひさまファンド」による太陽光市民共同発電事業や、中部電力との共同事業「メガソーラー」等、太陽エネルギーを市民・企業が最大活用するシステムが構築されています。

また、森林活用による木質バイオマスや小水力発電など、地域の資源を生かして、エネルギーの地産地消に取り組んでいます。

環境がテーマの私にとって、とても実りある視察でしたが、こうした取り組みを淀みなく力強く説明してくださる市職員さんに、郷土愛と誇りと自信が漲っていたことが何より印象的でした。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA