折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

準備を終えて

選挙の準備を終えて、ようやく帰ってきました。

毎日、活動に駆け回っておりましたので、ブログもなかなか更新できず、ずっと気になっておりました。
これから、急ぎいただいているコメントの返信をし、その後メールのお返事をし、明日の演説の原稿を考えなければなりません。

ここ数日、「合併するのか」と良く聞かれます。私は、合併するなどと言ったことはなく、なぜかと思っていたら、他候補の支援団体のビラや車がそう言ってまわっているようです。

そんなところに争点を持ってこようとしているのか、とちょっと驚きました。

市川の大久保市長も、浦安に合併の話を持ちかけたことはないと、明言していると聞きました。
そもそも、合併のような大きな問題は、市長が単独で決めることではなく、市民投票なりで決めていかなければならないのではないでしょうか。
私のマニフェストには「合併する」と、どこにも書いておりません。

明日からの7日間。私は、自分の政策を懸命に訴えて、市民のみなさまのご判断を仰ぎたいと思います。

コメント一覧

  1. とまま より:

    本当に悔しい選挙戦でした。
    折本さんに投票しされた2万3千の方々の気持ちは、現職に投票した2万8千の方より、ずっとずっと気持ちが重いはずです。
    それでも1票は1票…これほど真剣に選挙のことを考えたのは初めてでした。
    折本さんは正々堂々と戦いました。卑怯な手を使った現職が勝ったのは本当に悔しいですが、「負けるが勝ち」という言葉もあります。
    折本さんの行動力なら、これからも市議会として、また、違う形でも、たくさんのことができると思います。
    いつも応援しています。
    本当にお疲れ様でした。

  2. 残念 より:

    選挙結果を真摯に受け止めるのは良いこととおもいますが、政界から引退するのは、残念です。
    歯を食いしばって、次回もがんばるべきです。

    また、朝日新聞の折本さんのコメントには失望しました。
    まるで、今回の敗因が反対陣営の言動のあるかのようなコメント。
    誰かのせいにするコメントは、本当にがっかりしました。

    だから、貴女は負けたのではないでしょうか。

    かげながら応援していた者として、最後に裏切られた気がしました。

  3. ふく より:

    昨日ほど、残念な選挙はありませんでした。
    朝日新聞のちば面を見ても、合併が争点かのように語る現職候補に苛立ちを覚えます。
    民主党推薦についても、今となっては良かったのか
    悪かったのか・・・。
    もちろん苦順の決断ではあったと思いますが。

    午後からの雨模様が影響したのか、今回の投票率も
    45%台で、有権者の半分以下しか参加しない選挙に憤りを覚えます。
    投票率が下がるほど、既得権益を保持する現職が
    有利なのは間違いないのですから。
    前回も同様の感想をお伝えしたかと思いますが、
    新しい町で入れ替わりも多く、市政への関心が
    極端に薄い街なのかも知れませんね。

    そしてもっとも残念なのは、市政を退くとのこと。
    本当だとすると折本さんの政治姿勢を考えると
    撤回はなさそうに感じてます。
    こちらがもっとも残念でなりません、

    とにかく選挙活動お疲れ様でした。
    何もお手伝いできなかったことが悔やまれます。
    とりあえずはゆっくりお休みください。

  4. 一市民 より:

    選挙戦お疲れさまでした。結果は残念でしたが、貴方の信念はとても伝わってきました。
    一方で浦安ってまだまだ田舎だなって・・・感じました。
    でも貴方は、他の候補みたいにネガティブキャンペーンを行うことなく、政策で勝負をしていましたよね。
    とても素敵でした。
    次は市議会ではなく、県議会を目指して頑張ってください。

  5. ようよう より:

    市長選挙、本当に本当にお疲れ様でした…
    悔しい!悔しすぎます!!

    でも、折本さんに期待している方々は本当に多いのです。政治の世界から身を引かないでください!
    六大学の小中学校を誘致して何になるんでしょうか?!まさか市役所が超立派に建て直されるんですか?
    毎年何度もお祭り騒ぎが続くのでしょうか…

    本当にショックなお気持ち分かります。私もショックです。でも、応援して下さるかたもたくさんいます!
    これからもまたぜひ、市議会議員としてがんばってください!!いつでも応援しています!

  6. hirohiro より:

    いよいよ明日が投票日ですね!

    何もお手伝いできませんでしたが、
    蔭ながらずっと応援いたしておりました。
    主人もこんどこそは折本さんにと
    申しております。

    いい結果をお祈りいたしております。

  7. 風見鶏 より:

    候補者本人が知らないところで足の引っ張り合いみたいのは見苦しいですね。
    正々堂々と選挙戦をして欲しいもんです。

    表立って応援出来ませんが、頑張って下さい!

    朝の駅立ちお疲れ様です。
    今朝握手をして頂き、熱意が伝わってきました!!

  8. 悲しい市民 より:

    対立候補陣営は、市長派議員と一緒になって「浦安がなくなります。」と言いながらビラを配布していました。とても不愉快です。(浦安が近隣市と合併するというような架空な話を取り上げて・・・。)
    折本様がブログで書かれているとおり、そのようなことを折本様は一度もおっしゃっていませんでしたし、逆に滑稽で、とても気分が悪いです。
    なぜ政策で正々堂々と勝負をしないのかと、一市民として、また納税者として、とても悲しくなりました。

  9. デビママ より:

     市町村合併は首長自身も、よくよく考えないといけないテーマです。合併はもういまどきのテーマから遠のいた感もしますし、浦安は合併などしなくて大丈夫な自治体なので今回の選挙選のテーマにしなくてもいいとも思いますが市民から質問が出された以上は候補者として意見をきちんと伝える義務があると思います。文面から先生は合併に関して単独で決断できる小さなテーマではないと書いてありますが、残念ながら同時に私には合併に関して先生がまったく関心がないようにも受け取れる文章に見受けられます。私の読解力不足かもしれませんが、合併に関して先生自身の現在のコメント(賛成か反対かあるいはメリットとデメリット)を示した上で、単独で決めるテーマだと考えていないと選挙演説ではっきりと発言されるほうがいいと思います。反対陣営からいろいろ横槍やデマを流されると思いますがどうかがんばってください。なお、このコメントに回答はいりません。消去していただいて結構ですが、ご参考になればと思い記入しております。海の向こうから毎日サイトを閲覧しています。どうか選挙選の最後の最後までがんばってください。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA