折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

改選後市議会の編成

市議会改選後の議会編成を決める臨時議会が、5月18日に開かれました。
まず、議会に先立って、全員協議会(議員が全員出席して協議を行う会)が開かれ、委員会ごとの委員を選出。本会議場に場を移し、最初に、議長・副議長の選挙を行います。新議長の元、全員協議会で選出した委員を正式に選任します。
その後、「暫時休憩」となり、委員会ごとに集まって、委員長・副委員長を選出します。
そして、またまた本会議に戻り、浦安市市川市病院組合議会議員の選挙を行います。(浦安市市川市病院組合議会は、市民病院事業の経営に関する事項などについて、諮問、調査、審議する機関)
実にややこしい手続きですが、その結果、以下の議会編成が決定しました。

○会派の構成
与党「きらり・青山会」が6議席、野党最大会派「政風会」が6議席。公明党、共産党は、改選前と同じく3議席。私たち「明日のうらやす」は2議席、広瀬議員は無会派です。

(クリックで大きくなります)

○委員会構成
「さぁ、いっしょに!新聞」を発行しはじめた頃、連載していた「市議会の基礎知識・委員会の役割」を覚えていらっしゃるでしょうか?。
議会にかけられる議案は多岐にわたるため、以下3つの常任委員会にわかれて、付託された議案ごとに、審議を行います。それぞれの委員会の委員と付託される議案の内容は以下の通りです。(敬称略・委員長、副委員長以外は、あいうえお順)

◇総務常任委員会
市長公室、総務部、財務部、会計課、消防本部、選挙管理委員会、監査委員、議会事務局の所管に関するものと、他の委員会の所管に属さないものを調査・審議する委員会です。

委員長   平 野 芳 子
副委員長  西 川 嘉 純
      秋 葉   要
      堤   昌 也
      深 作   勇
      宮 坂 奈 緒
      元 木 美奈子


◇教育民生常任委員会
健康福祉部、こども部、教育委員会(教育総務部と生涯学習部)の所管に関するものを調査・審議する委員会です。

委員長   辻 田   明
副委員長  末 益 隆 志
      岡 本 善 徳
      折 本 ひとみ
      田 村 耕 作
      西 山 幸 男
      美 勢 麻 里

◇都市経済常任委員会
市民経済部、都市環境部、都市整備部の所管に関する関するものを調査・審議する委員会です。

委員長   山 崎 次 雄
副委員長  鈴 木 家 康
      井 原 めぐみ
      小 泉 芳 雄
      高 津 和 夫
      宝     新
      広 瀬 明 子



上記3つの常任委員会の他に、議会をスムーズに運営するために話し合う委員会「議会運営委員会」と、「議会だより」の企画・編集などについて審議を行う委員会「議会だより編集委員会」があります。

◇議会運営委員会
委員長 深 作   副委員長 西 山
    折 本        小 泉
    末 益        鈴 木
    高 津        山 崎
    元 木

議会だより編集委員会
委員長 平 野   副委員長 田 村
    秋 葉        井 原
    岡 本        西 川 
     宝         辻 田
     堤         広 瀬
    美 勢        宮 坂

結局のところ、私も堤議員も希望していた委員会に入ることはできませんでしたが、どの委員会に入っても、市民の利益を第一に考え市政を厳しく問い正して行くことに変わりはありません。

教育は、私の最大テーマですから、張り切ってスタートから全力ダッシュで行きたいと思います。

コメント一覧

  1. 折本ひとみ より:

    minami様

    浦安駅確認して参りました。
    <a href="http://blog.urayasu-asita.net/?eid=345324" rel="nofollow">http://blog.urayasu-asita.net/?eid=345324</a>
    こちらに、ご報告のご報告をしています。
    最終報告にはなりませんが、いち早く改善されていて、ほっとしました。

  2. minami より:

    本日、「さあいっしょに新聞」を受け取って読ませていただきました。
    それぞれの会派内訳と各常任委員会のメンバーを見ると、なかなか興味深いものがありますね。
    それぞれの会派の意図や戦略などが見て取れるようで面白いです。
    「街角市政相談報告」には関心しました。
    折本さんの行動力がよくわかる報告ですね。
    私は浦安駅を使わないので「浦安駅の水たまり」のことは知りませんでした。
    「水たまり」が本当に解決されたのかどうか、その後のフォローもお願いします。結果が伴わなければ意味はありませんから。

  3. 折本ひとみ より:

    二十歳の元園児さんへ

    いつも覗きにきてくれてありがとう。「できれば」入りたい委員会はありますが、結局どこでもいいのです。市民のみなさんの期待を受けて、やるべきことをやるだけです。がんばって暴れますね(笑)。

    ふく様
    議員の本当の力とは、議会の中のポジションではなく、いかにたくさんの市民の方に、自分の活動や意見が支持をされているかだと思います。言い換えれば、市民の声を聞く力があり、市政の正しい方向を示せることが大事なのです。これからも、議会の中ではなく市民のみなさんの方を向いて、仕事をしていきたいと思います。

    今後とも声の援護をよろしくお願いします。

    あじさい様
    私たち議員への説明もこれからの段階ですが、取り急ぎ今後の説明会の日程などを、以下の記事にあげてあります。ご一読いただければ幸いです。
    <a href="http://blog.urayasu-asita.net/?eid=339010" rel="nofollow">http://blog.urayasu-asita.net/?eid=339010</a>

  4. あじさい より:

    新町地区に住んでおります。さあいしょに新聞拝見しました。今年度、埋立地域で用途変更が行われるという記事を拝見しました。今まで何方も説明された事がありませんでした、ご説明頂きたく存じます。三番瀬の代替問題、施設誘致地区の難航、公団の撤退等々、新町地区に住む者として大きな問題がここにあります、この問題の提起次第で新町地区の住民の意識高揚が図れ、市政に対する問題意識の改善になると思います。この問題を取り上げて下さい。

  5. ふく より:

    折本様

    遅ればせながら「さぁ、いっしょに!」新聞拝読しました。どの委員会も重要なものとは思いますが、“二十歳の元園児”さん同様、残念に思います。
    会派を作り組織的に運営していくこと自体は致し方ないと思いますが、得票数でみると下位の方の5倍近くあるのではないかと思います。そういったことが反映されればと切に願います。

    よりスムーズに市民の声が通るためにも、どんどん偉くなってください!

  6. 二十歳の元園児 より:

     園長先生こんにちは、会派「明日のうらやす」堤昌也議員との立ち上げ、おめでとうございます。
     確かに、下位で当選した議員に牛耳られ、希望する委員会に入れないのは残念ですが、お二人で約一万票も取ったのですから議会ではかなりの存在感があるのではないのでしょうか?
     これから四年間、議会で精一杯暴れて下さい。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA