折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

振り込め詐欺

猛威を振るっていた振り込め詐欺も、年も押し迫ってやっと被害件数が下降してきたそうです。

昨日、学生時代の友人6人との忘年会での席のこと。
3人が振り込め詐欺の電話を受けてました。6人中3人、実に50%の確率です。
1人は、高額医療費の還付方法が変わったという電話、1人は、息子が交通事故を起こしてしまったという電話、もう一人は、キャッシュカード詐欺グループを捕まえたら被害者リストに名前が載っていたので調べたいという千葉県警を騙る者からの電話…。振り込め詐欺の手口が、多様化・巧妙化していることが伺えます。

2007年の年間被害総額は、約255億円。2003年に、当初「オレオレ詐欺」と呼ばれていた、親子・親類の名を騙り、振り込ませる詐欺が発覚してから加算すると、被害総額の累計は、実に1000億円にもなるそうです。

知恵を絞ってさまざまに手口を変え、騙される人に出会うまで電話をかけ続けている振り込め詐欺。犯行には、たくさんの若者が関わっているともいわれています。その労力を、人を騙すことではなく、より生産的なこと、より社会的なことに使おうとは思わないのか…。振り込め詐欺団の横行に、日本の教育の結果がかいま見えるような気がします。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA