折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

打ち直し

家族が使っている綿の布団がだいぶくたびれてきましので、打ち直しをするため、昨夕布団屋さんにとりに来てもらいました。布団がわにする生地の希望を聞き、天秤計(!)で重さを量ってから、布団を積んで帰って行った布団屋さんを見送りながら、その昔、和室いっぱいに布団を広げ、母や祖母、親戚や近所のおばさんたちが、おしゃべりしながら布団の打ち直しをしていた光景を思い出しました。
そんな風に昔は、自宅で打ち直しをしたものでしたよね。今では「打ち直し」すること自体が珍しがられる時代なのでしょう。「打ち直し!久しぶりに聞きました。一体いくらするんですか?買った方が安いんじゃないですか?」と知人に言われてしまいました(笑)。

この布団は、その昔郷里の両親が引っ越し祝いに買ってくれたもので、簡単に買い替える気持ちにはなれません。第一、打ち直せば新品のようによみがえるものをゴミとして燃やしてしまうことには、強い抵抗があるのです。
打ち直しをお願いしたのは、元町フラワー通りの別所布団店。いまだに打ち直しができるお店が市内にもあることに、改めて感動を覚えました。

くたびれた布団がふわふわになって戻ってくる日が楽しみです。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA