折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

手紙

最近特に感動するもののひとつに、「手書きの手紙」があります。
「手書きの手紙」というと、ちょっと回りくどい表現ですが、所謂パソコンを使わず便箋に自筆で書いてある手紙という意味です。
今では本当に稀にしかもらうことがなくなったので、それを受け取った時の感激度は反比例して増してきているような気がします。

実は、たった今、郵便受けに届いていた「手紙」を開封したところなのです。時候のあいさつから始まって、結びの「ご自愛ください」まで、丁寧な文字できれいに綴られた便箋を手にして、なんとも言えない感動を味わっています。
  
手紙:(「手」は文字・筆跡の意)用事などを記して、他人に送る文書。書簡。書状。
        
広辞苑の意味からして、「手紙」を構成している要素には、人が書いた文字がその大切な部分を担っていると思われます。そして、実際に「手紙」を手にすると、その筆跡、行間からは、書き手の人柄やその時の心の状態まで伝わってくるような気さえするのです。

ところが、今、コミュニケーションの媒体として、パソコンや携帯電話が主流になってしまいました。書き損じの心配もなく、切手を貼ってポストまで行く手間もなく、場所を選ばず、瞬時に、相手に用事を伝えられる。そんな魔法の道具を私たちは手中にしてしまったのです。

ですから、もはや私たちの暮らしから、「手紙」というもの自体が遠い存在になりつつあるのは、避けられないことなのでしょう。ただ、機能的に画一化された画面から伝えられるものには限界があります。どんなに、かわいい絵文字や喜怒哀楽の顔文字を駆使しても、伝えられないもの。

それが何か、この一通の「手紙」が教えてくれるものを大事にしたいと思います。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA