折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

手作りキャンドルに挑戦

写真に写っているものが何かおわかりになるでしょうか?

これは、市内ホテルから集められた使用済みロウソクです。今日、障害者福祉センターから貰い受けてきました。

障害者福祉センターでは、こうした使用済みロウソクを集め、溶かして色をつけて再生した、いわば”リサイクルロウソク”を販売しています。ただ、販売用に再生できるものは、色がついていない(白い)ロウソクということで、センターで使用しない色つきのロウソクを、箱いっぱいいただきました。
何に使うのかと申しますと、保育園でこどもたちと手作りロウソクの製作に挑戦することにしたのです。

ご存知の方も多いかと思いますが、今月21日(夏至)から、七夕まで、「100万人のキャンドルナイト」(詳細→100万人のキャンドルナイト実行委員会)という、活動が行われています。夜の8時から10時までの2時間、電気を消してロウソクの灯りで過ごそうという呼びかけとともに2003年にはじまったこの活動は、目的を「eco」や「平和」に限定することなく、ただロウソクの灯りで過ごすことを提案しているシンプルさが支持され、年々参加者が多くなっているようです。

環境省もCo2削減のためのライトダウンキャンペーンを同時に行い、家庭や商業施設などでの消灯を呼びかけています。特に、スタート日の21日と終了日の7月7日は、全国の施設や各家庭のあかりを一斉に消灯するライトダウンが行われます(詳細→環境省CO2削減/ライトダウンキャンペーン)。

そこで、最終日にあわせ、園児たちにも、お家の方とロウソクを囲んで特別な時間を持ってほしいと、ロウソク製作に挑戦しようというわけです。園児の数だけ、この活動の輪が広がることを願っています。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA