折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

成功の連鎖

「中小企業の現状と課題」と題して、中小企業庁の参事官のお話を聞きました。

資金繰り対策、ものづくり支援、下請け対策、中小企業の事業再生など、いかにして地域経済の活性化を図るかがテーマ。中でも、農商工連携の促進と商店街活性化対策に関するお話は、たいへん興味深いものでした。

農商工連携では、ITを使った独自のトレーサビリティシステム(生産、加工、流通、販売等の各段階で、食品とその情報を追跡・遡及できるシステム)を構築して安心・安全な農業を実践している農場経営者の例や、旅館業者と地元農家が連携して自然食レストランやウエディング事業を展開している例。減反田を活用して飼料用米を収穫し、その米で育てた「こめ育ち豚」をブランドにした例など馴染みのある話も飛び出しました。

中小の事業者が、農業・商業・工業の垣根を越えて、手を握り合うことで、互いの良さを引き出しあう様々な事例に、日本経済の底力を見たような思いがしました。


受講生の一番の関心は、なんといっても商店街活性化。これは日本全国共通の課題のようで、各地からやってきた受講生の質問が集中していました。私も、浦安元町にある商店街の活性化のためのヒントを探るべく、真剣に聴き入ってしまいました。

活性化のためには、まず、住民・商店主・地権者・行政等の「関係者の意識」レベルを高めることが必要不可欠。そして、小さくとも市民の認知を受ける成功事業を着実に作っていく。その小さな成功の上に次の事業を展開させ、活性化の連鎖を作る。

なるほど。行きつけの商店街で、まさにこの活動を展開しようと頑張っている方々を思い出しました。

成功の連鎖のためには、商店主・地権者・市民が積極的な協力を惜しまない理解度にまで達すること、次のリーダーとなりうる後継者を育てることなど、活動展開の途上でクリアしなければならない課題もまた、浦安のそれと同じでした。

空き店舗解消の具体例として、高齢による「廃業シャッター店舗の賃貸化の推奨」や賃料が出店者の売上高に完全に比例する「完全歩合制」の導入、空き店舗を一旦、商工会議所が借り上げ、テナントを誘致してサブリースを行う「テナントミックス事業」など、さまざまな「成功事例」の紹介などもありました。

「守ろう」、「残そう」だけではなく、「夢を描き、それをかたちにしよう」という、より積極的な動機が「成功の連鎖」につながることを教えていただいたような気がします。
「商店街活性化」という大きなテーマに挑み、実績を上げた街に、ぜひ行ってみたいと思います。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA