折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

布袋葵に一服の涼

我が家のペットの5匹のメダカ。
そのメダカたちが暮らすガラスの器に浮かぶ布袋葵に花が咲きました。

布袋葵は別名布袋草とも呼ばれる浮き草の一種。卵形の葉の基の部分がふくれ、浮き袋の役目をしています。これが布袋さんの丸いおなかにたとえられ、この呼び名があるのだそうです。

七福神のひとつとして知られる布袋さんは 中国、唐代末期の禅僧。住まいを定めず常に杖と日用品を入れた大きな袋を背負って歩き、吉凶や天候を占ったそうです。住所不定の浮草暮らしというところも、布袋草の呼び名の由来なのかも知れません。

そんな布袋草に、こんなにきれいな花が咲くとは知りませんでした。淡い紫色の可憐な姿に、みとれてしまいます。悲しいことに一日で咲き終わってしまうそうですが、立秋とはいえ、この夏、一、二を争う暑さの中、一服の涼をもらうことができました。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA