折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

市長から議長へ要望


8月27日付で、浦財第101号という、市長命の議長宛て要望書がだされました。
このことを受けて、本日議長が代表者会議を開催し、そこに招致されてきました。

以下、全文記載します。

 
浦安市議会議長 辻 田  明  様
       
        
                            浦安市長 松 崎 秀 樹


 残暑の候 貴職におかれましては、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
 この度、浦安市災害義援金(災害復旧費寄付金)の使途について、貴市議会所属の折本ひとみ議員がとった行為は、市議会における審議・議決を軽視するものであり、また事実に反するものです。その結果、義援金を頂いた方々はもとより、市民をはじめ多くの皆様に誤解され、浦安市、浦安市議会に対する信頼を大きく損なう状況が生じました。
 こうした状況を生じさせた同議員の行為は、政治家としての倫理に反するものであると言わざるを得ません。
 つきましては、貴市議会として適切な対応をしていただくよう要望します。


市長から要望があると、なんでもすぐに議長は聞き入れるようです。
前議会でも、市長の要請をうけて、議員の発言を恫喝停止させました。

二元代表制の一翼として、もう片翼の市当局をチェックするべき独立した機関であるはずなのに、浦安市議会はどうもそうではないらしいです。

また、この文中の文言にも疑問があります。

「折本ひとみ議員がとった行為」とは何を指すのでしょうか。取材を受けたことでしょうか。そうだとしたら、市の財政課職員も同じように取材を受けているわけですから、しかも、その職員の発言がセンセーショナルな記事のタイトルになっているわけですから、まずはそちらの行為をご指摘ください。

「義援金を頂いた方々はもとより、市民をはじめ多くの皆様に誤解され、浦安市、浦安市議会に対する信頼を大きく損なう状況が生じ」たのは、そもそも、終始一貫「義援金」として集めたものを、全額「寄付金」にして一般会計に入れたことにあるのではないでしょうか。

「政治家としての倫理」を松崎市長から問われるとは、思いもしませんでした。
9年ほど前の、私が議員になりたての頃、浦安市議会は松崎市長に辞職勧告や不信任案を何度も突きつけていました。市長の奥様経営の会社に約3000万円、クリーンセンター委託業者の泰成エンジニアリング(その後、「テスコ」と改名)から資金提供を受けていたことが問題となったからです。

その時は、結果市民の血税が「正当な対価」として仲介料になったことが問題でしたが、今回は「義援金」という誰とも知らぬ大勢の方々の「温かいご厚意」の扱いの問題です。

市長から要請をうけて開催されたこの浦安市議会代表者会議の結果は、追って知らされるようです。

※文中の青色部分は、訂正前の記述に誤りがあったため、平成15年6月議会の市長不信任決議案文より引用しました。

コメント一覧

  1. 一浦安市民 より:

    一職員と市議の発言の違いを自覚されていないようですね。

  2. 浦安市民 より:

    折本議員の対応は、余りにも酷すぎる。
    浦安市 花火大会 義援金 でネットを検索すればどれ程間違った情報が広まり、浦安市の(行政だけでなく市民も)信頼が失墜してしまったかが分かります。この状況下において自己弁護に始終する対応は、とても市民の代表者とは思えません。
    まずは信頼回復の為に何をすべきか?人に頼らず何が出来るか真剣に考えて下さい。
    例えば、自ら誤った報道の原因となった事を詫びる為に、議員を辞任する事として、出来だけ多くのプレスを集め、事実を説明し、世の中に、その事実を発信する。ぐらいの事は出来ませんか?
    市長の意図もその辺りに有ると思います。
    何にせよ、折本議員の行った事は、簡単には取り戻す事ができないものだったと言う事です。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA