折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

市庁舎建設

昨日今日と市民祭りに行き、たくさんの市民の方とお話しすることができました。
市民のみなさんとお話しするなかで、市庁舎の建設についてどう考えているか聞かれることが多くなりました。

浦安の本庁舎は、昭和49年、浦安がまだ町だったころに、人口8万人に対応した規模で建設されました。
その後の人口増加に対応して、プレハブの第二庁舎、第三庁舎が建設され現在のような状況になっています。

市では、
●窓口が分散していて利用しにくい
●十分なバリアフリー対策ができない
●第二庁舎があり公園が整備できない
●災害時の拠点として不安がある
●設備の老朽化により維持費用が増大
を理由に、新庁舎建て替え計画を進めています。事業予算は約95億円。現在積み立ててある庁舎建設のための基金は、18年度末で約75億あり、足りない部分は、市債という形の借金で賄われる予定です。

本庁舎と第二庁舎の間の道路では最近交通事故も起きており、庁舎建設の必要性はある程度理解できると思います。
ただ、市民に周知がなされていない現状では、計画を遅らせ、すべての情報を開示して再度議論をすべきだと思っています。

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    昨日、公開討論会に出席しました。文化会館大ホールは超満員で市長選挙への関心の高さに安堵しました。
    ひとみさんは、よく勉強されどの候補よりも課題に対し具体的に且つ明確に答えておられ、大変善く理解できました。
    市制に対する信念・理念や信頼回復への倫理観は群を抜いて私の心に伝わって来ました。
    久々の感動とさわやかな気持ちになれ、出席してよかった。
    他の候補の協力の支援者からほめられて応援できる事の喜びを感じました。

  2. 浦安庶民 より:

    折本さん頑張ってください。私は某氏の選対事務所で前回応援したことがあります。来るのは業者と利益代表、別室には酒瓶の山、これでは市長になってお返しをせざるを得ないなと実感しました。果たして選挙後は収賄疑惑の花盛りでした。これではいけません。折本さん金のかからない模範的な選挙で是非当選して浦安を変えてください。マスコミを喜ばす汚職沙汰を皆無にしてください。貴方なら必ず出来ます。選挙に金がかかるのは本当は不思議なことです。心から応援します。

  3. ケーン より:

    市庁舎は是非新しい浦安に相応しいモノにして頂きたいです。
    デザインに凝るのではなく、職員も働きやすく市民も使いやすい効率的で人に優しい庁舎になることを希望します。
    それと同時に各駅前等で出勤時や帰宅時に主な手続きが出来るような環境も整えて頂けると助かる人が多いと思います。
    予算に関してはなぜ75億で出来ないのかを説明して頂けると多くの市民が納得できると思うのですが…。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA