折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

学校で学べるもの

午前中は、こどもたちの母校である日の出中学校の体育祭に応援に行き、途中パークシティのお祭りへ。中学生になった卒園児さんたちのブラスバンド部の演奏を聴きました。明海中学校は、今年開校したばかりですが、たいへんレベルの高い演奏に、こどもたちのがんばりと、指導されている先生や保護者の方の熱心さが伝わってきました。

ところで、こうした部活動の指導は先生たちのボランティアで行われています。熱心な先生に恵まれた学校はいいのですが、そうでない場合、顧問の先生が見つからずに、生徒が望んでいても、部を作ることが難しく、また、既存の部活動も縮小傾向にあるようです。

技術の向上だけでなく、努力することの意義、勝利の喜び敗北の悔しさ、友情、チームワーク、責任感、誇り、愛校精神などなど、こどもたちが学校の部活動から学べるものはたくさんあります。こうした機会が減ってしまうことが、本当に残念だという声も多々聞いています。

私は、部活動を指導される先生、また時間外に補習をする先生に、多少の手当を出すのは当然のことではないかと思います。更に、部活動や補習に、地域の方の力を積極的に活用できないかとも考えています。こうした活動の支援を市が行うことは不可能ではありません。課外活動の積極的な支援は、公立教育の充実のため、私が行いたいことのひとつです。

夕方には、富岡小学校の校庭で行われたキャンプにおじゃましました。富岡小学校の校庭キャンプは今年で6回目。参加希望者が多く、抽選になるほど人気のイベントです。校庭にテントを張ったり、災害用炊飯器を使用して、ごはんを炊いたり、実践型防災訓練の意味でも意義深いものがあります。更に、レンガを組んで、石焼オーブンを作り、そこでナンやピザを焼くなど、かなり本格的なアウトドアライフを体験できます。

カレーは、ブライトンホテルのシェフのレシピ。テーブルや椅子、プールに浮かべた筏は材木屋さんの無料貸出。校庭には、建設会社勤務のお父さんが手配した照明設備まで配置されていました。日中は、プールでの筏遊び、太陽の黒点観測、料理作りの手伝い。夕方からは虫取り、キャンプファイヤー、肝試し、天体観測など、内容も盛りだくさんです。

準備など本当に大変だと思いますが、みなさん実に素敵な笑顔で、心から楽しんでいる気持ちが伝わって来ます。地域のこども、お父さん、お母さんが楽しく交流しながら、自然と地域の子育て力が高まっていく。素晴らしい活動だと思いました。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA