折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

季節の便り

議会から戻ったら、実家の母から「くぎ煮」が届いていました。
 くぎ煮は、旬のイカナゴを甘辛く煮詰めたものです。火にかけた大鍋につきっきりの調理。母が「達者」でいることの証です。

 イカナゴのくぎ煮は、瀬戸内の春の風物詩。毎年2~3月に水揚げされる「新子」から作られるため、この時期は「魚の棚」(魚市場)に行列ができるとか。「小さければ小さいほど味が良い」ため、母も毎年一番に買いに行くのですが、年々水揚げされるイカナゴが、大きくなってしまっているそうです。これも温暖化の影響なのでしょうか…。

 ご飯のお供に、季節の味を楽しみたいと思います。

 

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA