折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

元町落語

恒例となっているフラワー通り商店街の落語を聞きに行きました。確か昨年、丸1年の節目を迎えた時もこの話題でしたね。たくさん笑って、前向きな気持ちで3年目のスタートを切ることができました。
駆け抜けるように過ぎたこの二年。たくさんの方から市政に対して色々なご相談を寄せていただいたことを、何よりもうれしく感じています。みなさんのお話を聞いて、納得できる要望やご意見は、担当部署に伝え結果をお知らせしたり、議会でも積極的に取り上げ、提案させていただきました。
地方行政改革とか、エクセレントガバメントとか、大きなテーマの議論も大事です。でも、市民の皆さんには、なかなか結果が見えないですよね。 たとえば、夜道が暗くて怖いとか、ポイ捨てがひどくて困るとか、遊歩道の自転車乗り入れが危険とか、路上歩行喫煙に手立てをとか、歩道の障害物をなんとかして!とか、小学校の課外活動ボランティアに支援をとか、もっと防犯に力を入れてほしいとか……そんな具体的で生活に密着している相談に力を注ぎ、一人でも多くの市民の方の笑顔に会うこともまた、とても大切なことだと思っています。
これまでお預かりしたたくさんのご相談の中には、改善できたものもあり、現在進行中のものもあり、また、改善が難しいとお返事しなければならなかったケースもあります。
そして現在、新町では次々と進められる開発に対して、近隣住民の方々から強い不安の声があがっています。特に温泉に関しては、業者の不誠実な対応も一因となり、住環境への影響が強く懸念されています。
こうした開発に対して、抵抗の手立てがない現行法の下、私ができることには限りがあるかもしれません。ですが、そうであっても、そうした方々に寄り添い、ともに対策を考えて行くことが私が今できる精一杯のことであるならば、できるかぎりのことをしようと活動して参りました。三年目の一歩を踏み出した今、市民のみなさんの身近な存在として、さぁ、いっしょに!(笑)問題を解決しようという姿勢をこれからも貫いて行きたいと思います。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA