折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

何をしているか分からない

 

IMG_1728

 

何をしているか分からない56%

いてもいなくても同じ34%

 

地方議員のイメージについて、全国約700人の超党派議員でつくる「ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟」などが、昨年7月に有権者約1100人を対象に行ったアンケート調査の結果です。

この結果に関して、多くの議会が行政の「追認機関」となっており、存在感を発揮できていないことが原因ではないかと、指摘しています。

 

全国都道府県議会議長会のまとめによると、2013年に都道府県議会と市議会が、知事と市長が提案した議案を「原案通り可決」した割合は98.2%でした。

予算案に限れば、都道府県議会でほぼ100%に達し、可決率はさらに高い。

 

昨日投開票の千葉県議会議員選挙。

浦安市の投票率は、31、76%。

4年前の前回、震災後直後の選挙で、投票率が31、27%と非常に低かったこともあり、

今回の投票率は改善されるはずが、わずか0、49ポイントのアップ。

 

全国的に見られる有権者の地方議会離れ、政治離れと、浦安市民の気持ちも同じとみてとれます。

住民の声を行政に反映させる「身近な議会」であるはずの地方議会が、こんなに有権者からの信頼を得ていないのです。

 

このことを真摯に受け止め、一番「身近な議会」から議会改革を行い、市民の信頼を取り戻さなくてはなりません。

 

26日投票日の浦安市議会議員選挙は、今度の日曜日告示で始まります。

 

「子どもたちが夢に向かって、輝く瞳を持ち続けられる社会をつくる」。そう決意して浦安市政に飛び込み、12年間、真っ直ぐに取り組んできました。

これからも、「浦安の真の復興」にかける私のおもいをお伝えしながら、一人でも多くの市民の方々に、市政に関心を持ち、参加してもらうための活動を続けていきたいと思います。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA