折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

仕組まれた世の中

今週始め、今年9月に青森で行われた政府主宰の「教育改革タウンミーティング」で、教育基本法改正への賛成意見を趣旨とした質問をするよう、一般市民に働きかけていた問題が発覚しました。折しもいじめによる自殺が相次いでいる中のできごとであり、社会の病の重さをひしひしと感じる事件でした。

タウンミーティングは、小泉前首相が「国民との対話」を目的に、2001年6月にからはじめられた地域集会ですが、国民の多様な意見を聞いて、国政に反映させることがそもそもの狙いであったはずです。

それが、いつの間に形骸化されるばかりか、世論操作にも似た仕掛けを作っていたとは、国民への裏切りと言われても仕方がないことだと思います。

こうした事件が露呈するたびに憂慮するのは、こどもたちへの影響です。
国の教育を司る大人たちが「仕組まなくっちゃ世の中なんてうまく回らないんだよ」と、教えているようなものだと、ニュースキャスターがコメントしていましたが、まさにその通りだと思います。

いじめ自殺を予告する手紙に「君は一人ではない」と、メッセージを送っている政府が、(人は違っているとしても)一方で平気で嘘をついている世の中。こどもたちは一体何を信じたら良いのでしょう。そして、こんなニュースから、どんな、知恵を学んで行くのでしょう。

やらせを仕組んだ影にいるのは、日本でも最高の教育を受けた優秀な大人たち。しかも教育に携わる人々です。その中に、ひとりとして、それを真剣に止めようとする人はいなかったのか、それともそういう人物は、はじきだされてしまったのか…。

「こどもたちに示しが付かない」「お天道様に顔向けできない」「天知る 地知る 子知る 我知る」…。そんな言葉は、もはや死語になってしまったのでしょうか。

己の中に確固たる規範意識を持つ大人。
安倍内閣が押し進める「美しい日本」の大事な要素なのではないかと思います。

コメント一覧

  1. 二上 こぶ より:

    選挙戦、お疲れ様でした。落選されたときは、こちらも応援していただけに、浦安の将来を憂いました。
    次回に向けて、市長選の意思がおありなら、引き続き、応援いたします。
    正直、マニフェストを読むと、折本さんの政索(公約)の正しさ、真剣さは他候補を圧倒していました。
    今朝、新聞を拝読しました。また、駅での元気な姿に安心しました。

    さて、LRTの件ですが、浦安に本当に必要かと問われると疑問を感じます。市長は、先ごろの京葉線の事故を引き合いにして推し進めようとしていますが、それは、「こじつけ」であるように思います。
    あの事故のとき、私が痛感したのは、東西線の浦安へのルートの確保のほか、新木場や西船橋へのルートを早急に確保すべきだったと思います。
    これは、臨時バスの確保や折り返し運転の早期実現でなされるもので、市長が考えているLRTでは実現できません。

    確かに、LRTは環境にやさしいことや、地下鉄や新交通システムと比較してコストが安いなどメリットもあるらしいのですが、今の浦安に必要なのは、「市内循環型」のバスであると思います。

    「新町」、「中町」などどいった開発順での呼び名が象徴しているように、やはり、国道357号線を境に浦安が分断されているような感があるなかで、お互いが、気軽に行き来し(公共施設の利用も含めて)、真にひとつの市になっていくためには、「血管」をとおす必要があると思います。
    それが、「市内循環型」のバスです(低床、ハイブリッド)。既存のバスルートを整理して、願わくば、内回りと外回りで運行するのです。
    LRTより、よほど良いと思います(ひとつの町に向けて)。

    つらつら、書きました。そのほか、教育、マナーやゴミの問題等考えていることもありますので、また、折にふれて、コメントを送信いたします。

    さらなるご活躍をお祈りしております。

  2. maechan より:

    ほんとうにがっかりしますね。。。
    最近のいじめや自殺についていろんなところで(ブログ)話題になっていますが、、、やはり大人、親、教師、教育委員会の人たちは、育てるということを忘れているのではないでしょうか?あんまり七面倒くさいことは言わずに、子供は育てる!そのことを柱にもう一度考えていってほしいですね。。。

  3. 二十歳の元園児 より:

    教育のトップである文部科学省がやらせとは許せません。それを拒む事ができない都道府県の教育委員会も許せません。今問題になっている“いじめ”もそうなのではないでしょうか?大人達が、いじめと、はっきり言わないから、いじめがエスカレートし、自殺する子供達が出るのだと思います。今こそ「ダメなものはダメ」と言う教育、いや社会を作るべきだと思います。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA