折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

今週のひとこと Vol.73 「やさしさ不足」

「献血にご協力をお願いしま~す」
ポケットティッシュを配る私を避けるように
たくさんの若者が通り過ぎて行きます。

輸血で感染する変異型クロイッツフェルト・ヤコブ病(VCJD)が日本人に発症した影響で、ヨーロッパ渡航歴がある人の献血制限が始まり輸血血液の確保がとても難しい状況に陥っているという新聞報道がありました。
JR福知山線の脱線事故が起きた兵庫県では、3月中赤血球の在庫が1日分を割る時期があったそうです。もし1ケ月前にあの事故が起きたら…


「血液が不足しています。献血にご協力を…」
差し出した手を押し退けるように強引に通る若者
「通行のじゃまだ」というようなまなざしを向ける若者
そして完全に無視をするたくさんの若者。

献血者数は年々減少。特に10代20代の若者の献血離れは深刻で、1994年と2003年を比較すると、その数は35%も減っているのだそうです。

「もしも血液不足で助かる命が救えなかったら」そんな風に人を思いやることができない時代なのでしょうか?

危機的な血液不足と同じように危機的な「やさしさ不足」を感じます。


<今週のひとことVol.73 2005.5.10>

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA